芸能

今度は東京03が餌食に!? 「月曜から夜ふかし」でまた“人違いトラブル”発生

 被害者は防ぎようがなし!?

 お笑いトリオ「東京03」の角田晃広が、12月5日深夜にブログを更新。4日深夜に放送されたバラエティ番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で、一般人から飛び出した自身の目撃談について否定している。

 番組ではデイリーヤマザキでバイトしている一般女性に街頭インタビューを行っている映像が流れたのだが、彼女は「バイト先に芸能人が来る。20円引きだけ買って帰る芸人が来ます」と、定価から20円だけの割引にもかかわらずそうした品物だけを狙って購入するドケチ芸人がいることを説明。そしてその芸人について「誰だっけ? カドタさんみたいな芸人いません?…あ、東京03! 角田さん」と、しばし後に角田の名前が浮上。ここで改めて「角田さん、20円引きのパンだけ買って帰りますよ」と“プライベート情報”を暴露されてしまったのだが、角田はこれに「身に覚えがない」と否定。続けて、「デイリーヤマザキは近くにないから行かない。今まで生きてきて、デイリーヤマザキで20円引きのパンは買ったことがない。似てる人間だ。違うメガネだ」とあくまで人違いだと釈明している。

 この主張を受けネット上では「角田、ドンマイだな」「相手が芸人でよかったな」「また『夜ふかし』やらかしたのかよ」「“夜ふかし砲”の信憑性の低さハンパないな」といった声が見られるなど番組の誤報に呆れる人々が多いようだ。

「同番組では7月の放送回でも一般女性のカン違い発言で無関係の一般人が甚大な被害を受けていました。その一般女性は14歳で出産するも相手男性に逃げられた過去があったと街頭でのインタビューで話していたんですが、最中に背後を自転車で通過した男性がその相手だとその女性は主張したんです。ところが、これが人違いで、間違われた男性は妻子ある身だったため彼の妻は激怒し、子連れで家を出ていく修羅場を迎えてしまったことがわかったんです。その後人違いを番組が説明してコトなきを得ましたが、早くも2回目の人違いが起きてしまいましたね。角田の顔は一般人にありふれた顔ですから、本人も勘違いされることが多いそうです。今回取材された女性も角田の名前を間違えて覚えていて、それほど角田に詳しくなさそうでしたから、まず、人違いでしょう。角田が芸人だからよかったものの俳優などであればイメージダウンにもなり立派な営業妨害ですよ」(エンタメ誌ライター)

 最近はSNSのネタ投稿を鵜呑みにしてテレビの情報番組が報じる誤報が増えている。一般人の証言を基に、それを毒舌ナレーションで面白おかしく展開する「月曜から──」の場合も、もっとしっかり事実確認を行った方がいいのでは?

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道