女子アナ

水卜麻美アナ「ヒルナンデス!」に戻りたい気持を隠しきれなかった夜!

 12月4日放送の「しゃべくり007 SP」(日本テレビ系)にゲスト出演した同局の水卜麻美アナ。今年9月いっぱいで6年半アシスタントを務めた「ヒルナンデス!」を卒業し、10月から朝の情報番組「スッキリ」に異動。それまでは8時に起床していたが、10月からは4時半に起床していると告白。異動した当初は寝坊するのでは?と心配で何度も夜中に目覚めたことがあるといい、慣れるまでの2週間ほどは「スッキリ」より早い時間に放送している「ZIP!」を担当する桝太一アナにモーニングコールをしてもらっていたことを明かした。

「水卜アナは『ヒルナンデス!』にいた当時をさんざん懐かしみ、楽しく明るいニュースだけでなく、悲しく辛いニュースも伝えなければならない現在の『スッキリ』でアシスタントをする難しさを何度も口にしました。そんな水卜アナが新橋にあるカフェテラスのハンバーグスパゲティーをおいしそうに試食。すると後ろのひな壇に座っていたネプチューンの堀内健や原田泰造、チュートリアルの徳井義実、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平らの鼻の下が伸びまくっていたのが実に印象的でしたが、彼らは水卜アナが現在アシスタントをしている『スッキリ』に対して難しさを口にするたび、笑いのネタにしている風を装っては、何度も『スッキリがそんなにツライんだ?』とツッコミを入れていました。水卜アナは『ヒルナンデス!』に戻りたがっていることを隠しているつもりだったのでしょうが、まったく隠せていませんでしたから、男性芸人たちのツッコミが、なんとか水卜アナを『ヒルナンデス!』に戻してあげようとする小さな抗議だったようにも感じられました」(テレビ誌ライター)

 ORICON NEWSが毎年発表する「好きな女性アナウンサーランキング」では今年も首位を獲得し、これで5年連続王者に輝き“殿堂入り”を果たした水卜アナ。日テレが水卜アナを報道もできる立派なアナウンサーに育てようとしているのはよくわかるが、「ヒルナンデス!」復帰を考えてみるのも悪くないのでは。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談