社会

呑んべえ医師が実践する「体に正しい飲み方」(2)カラオケは声帯に大ダメージ

 酒席が始まり30分もするとトイレに行きたくなる。一度行ったら最後、せきを切ったように尿意を催すことがあるが、左党の多くは「おしっこと一緒にアルコールも出てくれるんだから大丈夫!」と思いがち。

「腎臓専門医の話では、お酒を飲んでトイレが近くなるのは、アルコールによって脳下垂体にある抗利尿ホルモンが抑制されるためで、ビールの場合、実際に飲んだ量の1.5倍の尿が出てしまう。つまり、そのまま飲み続ければ脱水症状を引き起こす可能性が高いということです」

 健常者の尿の色は通常、淡い黄色を帯びている。だが、酒を飲み、水分が補われないと腎臓の働きが低下。尿の色はしだいに濃い黄色に変わり、さらに量も減ってくる。

「これが脱水のサイン。ですから、お酒を飲む際には必ず隣に水が入ったチェイサーを置き、こまめに口にすること。あとはトイレでおしっこの色をチェックすることも重要です」

 さらに、杯を重ねるにつれ、顔が赤くなるという人も多いが、実はこれも要注意信号。アルコールを飲んで顔が赤くなるのは、体内でアルコールが代謝される際に発生する、アセトアルデヒドの毒性が大きな原因だという。このアセトアルデヒドの分解能力には個人差があるため、

「隣にいる彼女の顔が桜色になったらかわいい、と思うのではなく、これ以上飲ませたら危ないな、と思ってください」

 飲み始めてから数時間。楽しい時間も過ぎ、一次会がお開きになり、誘われるままに二次会のスナックへ。ところが、ここにも危険が伴うという。

「耳鼻咽喉科の医師によれば、飲酒後のカラオケは声帯には最悪で、無理に自分の声より高いキーで歌うことに加え、振り付けを踊りながら歌うと呼吸量が増え、さらに喉を乾燥させるので、声帯にはダブルダメージを与えるのだとか。ですから、二次会はカラオケ店ではなく、静かな店を選んだほうがいいでしょう」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!