特集

日本人の3人に1人が肝機能異常!肝臓の解毒力を高める注目の成分とは?

Sponsored

 歳を重ね、会社での立場も変わってくると、仕事上の付き合いで取引先と、あるいは社内コミュニケーションで上司や部下となど、お酒を飲む機会が増えて一向に疲れが取れない!なんて人も多いのではないだろうか。ついつい宴会で暴飲暴食をしてしまい、「酒が抜けきらない……」とボヤく中年サラリーマンの声が今にも聞こえてきそうだ。

◆肝機能異常を抱える人が30年前の約3倍に!休肝日よりも肝臓ケアで対策を

 暴飲暴食による体への影響といえば、肝臓へのダメージが考えられる。アルコールが肝臓に負担をかけるのは周知の事実だが、揚げ物などの居酒屋メニューをはじめ、脂っこいものや甘いものをたくさん食べるのも、同様に肝臓への負担となる。日本人間ドック学会によると、実は、人間ドック受診者のうち、肝臓に異常を抱える「肝機能異常」は30年前の約3倍にもなっているそうで、これは日本人の3人に1人という多さだ。

 肝機能異常になると、高血糖、脂質異常、脂肪肝といった病気を引き起こすことがあり、それ以前でも「なんとなく体がだるい」「疲れやすい」「食欲がない」など、体の不調となって表れることも。人間ドックで肝機能異常を指摘された人はもちろん、前述したような体調の人や、乱れた食生活などによる不安(漠然としたものでも!)があって、休肝日を設けるだけでは心許ないと感じているなら、いますぐ肝臓ケアを検討してみる必要があるだろう。

⇒酒量や食生活に不安があるなら

◆肝臓は知らないうちにダメージが蓄積される!健康診断ではγ-GTPとALTの数値をチェック

 肝機能異常は体調だけが判断基準ではなく、指標となる数値がある。それが、γ(ガンマ)-GTPとALTだ。ともに、肝臓の代謝機能に働きかける酵素で、日本人間ドック学会によるとγ-GTP値が51、ALT値が31以上の数値になると要注意という。中高年世代であれば、とくに健康診断での肝機能に関わる数値はチェックしておきたい。

 肝臓は、代謝・解毒・胆汁生成を主な働きとし、生命維持のための重要な役割を果たしている臓器。それだけに、肝機能異常は重大な病気につながる恐れもある。しかし、「沈黙の臓器」とも言われる肝臓の性質として、はっきりとした自覚症状がないままダメージだけが蓄積されて、気がついたときには深刻な状態になっているケースが多い。ということは、早め早めの対策が肝臓ケアのポイントとなるのは間違いないだろう。

⇒肝臓と肝機能異常についてもっと詳しく

◆肝機能の改善に期待!「ブロッコリースプラウト」のスルフォラファンは肝臓の解毒力を高める

 最近、手軽に肝臓ケアができるとして、注目されている食材がある。ブロッコリーの新芽「ブロッコリースプラウト」だ。見た目はカイワレのようだが、健康意識の高い女性を中心に日本でも話題となり、スーパーなど食品売り場でも見かける機会が随分と増えている。

 実は、このブロッコリースプラウトに含まれているスルフォラファンという成分には、肝臓の解毒力を高める働きがあり、γ-GTP値とALT値を下げるらしいのだ。カゴメの研究によると、スルフォラファンを継続して摂ることで、肝機能が改善する可能性を確認したというから、中高年サラリーマンにとっては朗報といえよう。

 スルフォラファンの摂り方としては、ブロッコリースプラウトをサラダやおひたしにしたり、緑黄色野菜とミックスしてスムージーにしたり、サプリメントを活用するのもいい。ただ、必要な量を毎日食べるのはつらい。継続するためには、効率よく摂取することが大切。そのためにはオフィスはもちろん、外出・出張・旅行のときでも手軽に摂取できる方法を見つけることが重要だ。

 仕事の範囲も広くなり、責任感もますます増していく中高年世代は、まだまだ働き盛りだ。また、ワークライフバランスを見直し、趣味を楽しむサラリーマンもいるかもしれない。いずれにしても、満足のいくライフスタイルを構築するのは”健康”があってこそ。そのために、スルフォラファンによる肝臓ケア、始めてみてはどうだろうか。

⇒スルフォラファンで肝臓ケアを始めるなら

Sponsored by カゴメ株式会社

カテゴリー: 特集   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴