スポーツ

2018年がわかる「激動の核心」<スポーツ>(1)大谷翔平が「松井秀喜潰し」独裁監督の犠牲者に

 スポーツ界は昨年からさまざまに転換期を感じさせたが、18年も引き続き目が離せない様相である。

 野球界で今季の最注目といえば、エンゼルス入りした大谷翔平(23)。二刀流でのメジャー挑戦を誓うが、日本ハムとは勝手が違う。

「大谷が怖いのは、実は身内なんです。指揮官・ソーシア(59)はタヌキオヤジとして有名な独裁監督。就任18年目でポストシーズン進出はたったの2回ですが、オーナーに取り入るのがうまく、首をつなげてきました」(現地ジャーナリスト)

 かつてヤンキースを追われた松井秀喜(43)が同球団に入団した際もソーシア監督だった。当時、松井は下り坂とも言われたが、前年09年にワールドシリーズでMVPを獲得、復活が期待されてのエ軍入りだった。

「チームに迎え入れる際、ソーシア監督は松井と会食して『全試合で使う』と宣言しました。外野手として出場したい松井の要望も受け入れて『キミを起用するよ』と約束したんですが、蓋を開ければシーズンを通して18試合しか守備に就けず、1年でチームを去った」(前出・現地ジャーナリスト)

 二刀流・大谷の起用法は日米の野球ファンが注目するところだが、たとえソーシア監督に約束されたとしても鵜呑みにはできない。

「大谷はあくまでマイナー契約の選手であり、シーズンが始まれば口約束など無効とされる可能性が高い。少しでも調子を落とせば、投手としての活躍だけが求められるでしょう」(前出・現地ジャーナリスト)

 監督と水が合わずに潰される。そんな1年目の結末など見たくもないが。

 大谷なきあとのスター候補は日本ハム・清宮幸太郎(18)だが、1年目は厳しいとの見立てが出ている。中田翔(28)の残留で、一塁のポジションもふさがった。内外野含め他の守備位置も練習しているが、野球評論家の愛甲猛氏はこう指摘する。

「打撃力はすごいけど、守備力がプロのレベルにない。守りのミスで失点すればホームランも帳消しになるし、何より打撃と守備・走塁のギャップが大きすぎる。打撃もアウトコースの対応がうまくないし、プロの変化球に慣れるまでは時間がかかるよ」

 実際、清宮はU-18でアメリカ代表のツーシームにまったく対応できなかったものだ。

 さて、大きな活躍が期待されての入団といえばFA移籍も同様だが、巨人に加した野上亮磨(30)と、その人的補償で西武入りした高木勇人(28)の「逆転現象」を予期する声もある。

 高木は今季、2軍で好成績を収めながら、なかなか1軍に上げてもらえず「俺は忘れられてますから」と半ば腐っていたという。

「1年目の15年に9勝をあげた実績などもあって、斎藤雅樹投手コーチの評価は高く、球団関係者も『環境が変われば‥‥』と言っていたやさきでした。一方の野上は被本塁打が多く、狭い東京ドームが本拠地となるのは大きな不安点。打線も今の巨人より西武のほうが圧倒的に上です。今季の年俸でついに逆転した、かつての一岡竜司(26)と大竹寛(34)のような未来も想像できます」(巨人番記者)

 昨年末の話題を独占した大相撲は、日馬富士(33)の暴行引退を引き金に2横綱を含むモンゴル勢の不穏な動きが不安視されている。

「13年の九州場所、全勝優勝を狙う白鵬(32)を稀勢の里(31)が破ると、万歳三唱が起きた。さらに半年後の夏場所でも、稀勢の里の優勝を願う観客が白鵬と日馬富士の取組で異様な『日馬富士コール』を起こしたんです。長らく続いた対戦相手への声援に、白鵬は『モンゴル人差別だ』とイラだち、『モンゴル人力士全員で休場しないか』との動きを見せたのです」(相撲ジャーナリスト)

 表向きは体調不良を理由に診断書を提出し、裏で相撲協会に圧力をかけることも可能な「ボイコット計画」だったという。

「それでも日馬富士の強い反対で幻に終わったんですが、反対者の引退で白鵬はモンゴル勢を束ねやすくなった。モンゴル勢が反旗を翻せば、相撲界は未曽有の混乱に陥るでしょう」(前出・相撲ジャーナリスト)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!