芸能

「結成20年で新旧コラボ実現」モーニング娘。がいよいよもくろむ“世界進出”

 昨年の9月14日に結成20周年を迎えたモーニング娘。’17。記念すべき1年となった今年は、同日、東京・新木場STUDIO COASTでイベントも盛大に行われた。

「『モーニング娘。結成20周年記念イベント~21年目もがんばっていきまっしょい!~』を開催。披露する曲を初めてファン投票で決めるなど、ファンに感謝の気持ちをこめたパフォーマンスが注目を集めました」(エンタメ誌ライター)

 20周年の節目を迎えた秋ツアー。11月21日に行われた東京公演には、1万人が日本武道館に集結。モーニング娘。を語るうえでは欠かせない新旧コラボも実現、懐かしいメンバーの登場にファンも大きな声援を送っていた。

「特にメジャーデビューする決め手となったシングル曲『愛の種(20th Anniversary Ver.)では、デビュー当時のオリジナルメンバーの5人と現役メンバー14人がコラボ。会場がどよめきました。また、この曲のMV撮影で18年ぶりに集結した初代メンバーの一人、福田明日香は、『不思議とあの当時のままの気分でまったく違和感がありませんでした』とコメント。懐かしさで涙を浮かべるファンもいましたね」(前出・エンタメ誌ライター)

 さらに12月10日放送のトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)では、初代リーダーの中澤裕子を始め、保田圭、吉澤ひとみが登場。当時をうかがわせるこんなやりとりに、注目が集まった。

「保田に中澤が、『何で芸能界に入りたかったの?』と鋭いツッコミを入れると、『安室奈美恵さんになりたかった』とコメント。これにはスタッフからも笑いが起きていました。ネットでも《中澤の毒舌を瞬間消毒する保田圭。大明神というよりとげぬき地蔵か》《全盛期も、圭ちゃんの存在でグループがバランスをとっていた気がする》。メンバーがライバル心をムキ出しで火花を散らしていた当時、保田がいなかったらグループは破綻していたかもしれませんね」(放送作家)

 20年間の歩みを、長い間見て来た事情通は、こうも語る。

「アイドル戦国時代がやって来て、2007年頃からメディアへの出演が少なくなりましたが、歌唱力とダンスパフォーマンスに磨きをかけ、今ではアイドルを超えたパフォーマンス集団として評価されています。メンバーからは『世界ツアーをやりたい!』と言う声もあがっているようです」(音楽誌ライター)

 2018年が、世界進出への足掛かりとなるか。期待されるところだ。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
2
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
3
女子アナ「仁義なき契約更改」(1)NHK・桑子真帆は「NHKの顔」に返り咲き
4
太川陽介は「バス旅Z」を観ていない!?衝撃発言の理由
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)