スポーツ

読んでから見たい「箱根駅伝」オモシロ裏知識10(2)山は誰が制する?

【4】「つなぎ区間」が消滅!

 神奈川大を中心に「青学包囲網」が敷かれ、有力校が序盤からプレッシャーをかける中、二強の一角、東海大の知将・両角速監督(51)は「うちはスタートダッシュできないので、3区からどれだけ仕切り直せるか」と話しているという。

「東海大は人材が豊富なので1区からでも勝負できます(苦笑)。全国高校駅伝のエースが集う1区、そこの15年と16年の上位者が8人も入部し『史上最速のタレント集団』とも呼ばれている。前回も1区の鬼塚翔太(2年)が1秒差の2位でした。ただ『新人区間』と呼ばれた、いわゆる『つなぎ区間』の4区が『準エース区間』に変貌したことで、他校が2区勝負ならプレッシャーの少ない4区にエース級をぶつけて取り返すことも可能です」(専門誌編集者)

 確かにかつての4区は、五輪2大会出場の花田勝彦や、マラソン前日本人記録保持者の藤田敦史らの名前が並び、タイムでは、前回の区間賞よりも当時の記録が2分40秒も速い。4区で一気に上位進出も可能だ。

「ただし、延長された残り2.5キロは約25メートルを上るので、以前よりもタフさが要求されて難しい区間です」(佐藤コーチ)

 東海大だけでなく、青学大の人選にも注目したい。

【5】山の神は降臨するか!?

 箱根ファンでなくても注目する山上りの5区。新たなスターは誕生するのか。

「前回の区間3位の細谷恭平(中央学院大4年)、4位の安井雄一(早大4年)、5位の山田攻(順大3年)が健在です。注目株は『山の神になりたい』と名乗りを上げている法政大学の青木涼真(2年)と神奈川大の荻野太成(2年)です。さらに、王者・青学大にも秘策がありそう。竹石尚人(2年)が有力の中、前回8区で区間賞に輝いたエースの下田裕太(4年)が急浮上。策士・原監督の言う『ビックリ箱』の中身は、これかもしれない」(前出・専門誌編集者)

 過去、山上りの5区はスペシャリストのクライマーか、エース級が投入された。両方で成功している東洋大の佐藤コーチが舞台裏を明かす。

「90回大会で区間賞だった設楽啓太は、当日の決定でした。山で強風が吹くと、足元から風を受けてフォームを乱す。設楽は細身の体型だっただけに、前夜から箱根の芦ノ湖付近に部員を派遣し、早朝の天候状況を報告させてから決めた」

 選手変更は往復路を通じて4人まで。区間の変更は認められていない。そのため、エースの補欠登録も生まれるのだ。

「今大会のラジオ実況中継には今井正人氏、柏原竜二氏、神野大地氏の『山の神』3人衆が初めて共演するそうです。山上りの秘話が飛び出すかもしれません」(スポーツ紙デスク)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!