スポーツ

読んでから見たい「箱根駅伝」オモシロ裏知識10(2)山は誰が制する?

【4】「つなぎ区間」が消滅!

 神奈川大を中心に「青学包囲網」が敷かれ、有力校が序盤からプレッシャーをかける中、二強の一角、東海大の知将・両角速監督(51)は「うちはスタートダッシュできないので、3区からどれだけ仕切り直せるか」と話しているという。

「東海大は人材が豊富なので1区からでも勝負できます(苦笑)。全国高校駅伝のエースが集う1区、そこの15年と16年の上位者が8人も入部し『史上最速のタレント集団』とも呼ばれている。前回も1区の鬼塚翔太(2年)が1秒差の2位でした。ただ『新人区間』と呼ばれた、いわゆる『つなぎ区間』の4区が『準エース区間』に変貌したことで、他校が2区勝負ならプレッシャーの少ない4区にエース級をぶつけて取り返すことも可能です」(専門誌編集者)

 確かにかつての4区は、五輪2大会出場の花田勝彦や、マラソン前日本人記録保持者の藤田敦史らの名前が並び、タイムでは、前回の区間賞よりも当時の記録が2分40秒も速い。4区で一気に上位進出も可能だ。

「ただし、延長された残り2.5キロは約25メートルを上るので、以前よりもタフさが要求されて難しい区間です」(佐藤コーチ)

 東海大だけでなく、青学大の人選にも注目したい。

【5】山の神は降臨するか!?

 箱根ファンでなくても注目する山上りの5区。新たなスターは誕生するのか。

「前回の区間3位の細谷恭平(中央学院大4年)、4位の安井雄一(早大4年)、5位の山田攻(順大3年)が健在です。注目株は『山の神になりたい』と名乗りを上げている法政大学の青木涼真(2年)と神奈川大の荻野太成(2年)です。さらに、王者・青学大にも秘策がありそう。竹石尚人(2年)が有力の中、前回8区で区間賞に輝いたエースの下田裕太(4年)が急浮上。策士・原監督の言う『ビックリ箱』の中身は、これかもしれない」(前出・専門誌編集者)

 過去、山上りの5区はスペシャリストのクライマーか、エース級が投入された。両方で成功している東洋大の佐藤コーチが舞台裏を明かす。

「90回大会で区間賞だった設楽啓太は、当日の決定でした。山で強風が吹くと、足元から風を受けてフォームを乱す。設楽は細身の体型だっただけに、前夜から箱根の芦ノ湖付近に部員を派遣し、早朝の天候状況を報告させてから決めた」

 選手変更は往復路を通じて4人まで。区間の変更は認められていない。そのため、エースの補欠登録も生まれるのだ。

「今大会のラジオ実況中継には今井正人氏、柏原竜二氏、神野大地氏の『山の神』3人衆が初めて共演するそうです。山上りの秘話が飛び出すかもしれません」(スポーツ紙デスク)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!