芸能

ホリエモンの「R-1」参戦は、大会そのものの“テコ入れ”だった!?

 ホリエモンの愛称で知られる実業家の堀江貴文氏がピン芸コンクール「R-1ぐらんぷり2018」の1回戦を突破した。1月14日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)にてみずから明かしたもの。ところが、このR-1、芸人たちからは“不良債権製造大会”として評判が悪いという。

「歴代の優勝者を見ると、博多華丸のような実力者もいるものの、その他の顔ぶれは『あの人は今』に出演できるレベルばかり。中山功太や佐久間一行、やまもとまさみや三浦マイルドをテレビで見る機会はなく、あべこうじは元『モーニング娘。』の高橋愛と結婚したことだけが話題となりました。16年の優勝者はハリウッドザコシショウでしたが、ゆりやんレトリィバァや横澤夏子を抑えての勝利というのは今となっては信じられませんね」(業界関係者)

 お笑い業界での主流は今も昔もコンビ芸人で、ピン芸人はどうしても一発屋芸人になりやすいという面は否めない。とはいえこれほどにも優勝者の将来性に乏しい状況はちょっと異様ではないだろうか。

「人気者のブルゾンちえみやサンシャイン池崎にもR-1決勝の出場経験があるものの、彼らの人気が爆発したのは『新春おもしろ荘』や年末のダウンタウンのガキ使SP『絶対に笑ってはいけない』(いずれも日本テレビ系)といった年末年始の特番がキッカケ。優勝後の展望が開けている『M-1グランプリ』とは異なり、R-1には芸人をブレイクさせる力がないとの声もあり、若手芸人の間ではこの大会への意欲は低いと言われています」(前出・業界関係者)

 堀江氏の参戦も、芸人人気の低さに危機感を抱いた主催者側のテコ入れ策だったのか。そう勘繰りたくなるほどのR-1が来年も存続しているのか、今から心配になるところだ。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
3
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々