芸能

消えた「ハーフ美女アナ」は今(1)あの山本モナは子育て優先の生活

 奔放な性格とソソられるボディゆえに、スキャンダルにさらされたお騒がせなハーフアナたち。しばらくテレビで見ないと思ったら‥‥。追跡すると意外な近況が明らかに!

 華麗なるオトコ遍歴で強烈なインパクトを残したのが、ノルウェー人の父親と日本人の母を持つ山本モナ(41)だ。

 朝日放送からフリーに転向して1年半後の06年9月、「筑紫哲也 NEWS23」のキャスターに抜擢されたやさきに、当時「民主党のホープ」と言われた細野豪志衆院議員(46)との「路チュー写真」が写真週刊誌に掲載された。

「細野議員は既婚者だったため不倫問題として大騒動に発展。わずか約1カ月で降板することになりました」(芸能デスク)

 その後、08年7月にフジテレビでスタートした情報番組「サキヨミ」のキャスターに抜擢されたが、初回放送の直後に、当時は巨人の選手で、妻子ある二岡智宏(41)との「ラブホ不倫」が発覚する。

「巨人のスター選手と“1泊9800円”という五反田の庶民的なラブホテルに入ったことで、またしても大騒動になりました」(前出・芸能デスク)

 そんな恋多き女・モナは10年に結婚し、今では2児の母となった。

「つい最近まで、下の男の子が幼稚園のお受験ということで複数の名門幼稚園を回っていたようですよ」

 と、知人女性は明かす。

 奔放な独身時代から一転、子育て優先の生活を送るモナの姿を、偶然にも独占キャッチしていた。

 黒のお受験スーツに身を包み、長男の手を引いて街を歩くモナ。現役バリバリの女子アナ時代と比べて、ややふっくらした印象を受けたが、美貌と芸能人オーラは衰えていない。時折、モナに気づいた通行人が立ち止まり、振り返っては彼女の後ろ姿を目で追っていた。昨年11月のことだ。

「子育てが一段落したら、また第一線で働きたいという思いもあるのでは‥‥。毎日、家事と育児に追われているようですが、お肌のメンテナンスには人一倍気を遣っているみたいですよ」(前出・知人女性)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは