芸能

石原さとみ「アンナチュラル」が凶悪事件を予言していたと視聴者が慄然!

 1月19日に放送された石原さとみ主演のテレビドラマ「アンナチュラル」(TBS系)第2話の視聴率が13.1%をマーク。好調だった第1話からさらに0.4%を上積みした。

「TBSの金曜ドラマは毎回、裏番組の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)に視聴者を奪われ苦戦していましたが、今回は『ルパン三世 カリオストロの城』の11.0%を上回りました。また2話目で視聴率を下げるドラマが多い中、『アンナチュラル』は初回より上がっている。これは1話の内容を見て継続視聴を決めた視聴者が多いのでしょう」(テレビ誌記者)

 その第2話ではインターネット上で知り合った自死志願者を、犯人が監禁、殺害するという内容。この内容が、昨年世間を震撼させた座間9遺体事件と酷似していると話題になった。ところが驚くべきことに、今回の脚本は事件前に書かれたものだったという。

「ドラマでは石原の出演舞台とスケジュールがかぶり、昨年9月には撮影がスタート。脚本家のツイッターによると第2話の脚本は7月に書かれており、その後に座間事件が発生した形です。そのため脚本家は『類似事件が起こり、とても苦しい気持ちになりました。おごりかもしれないけれど、もしこのドラマがもっと前に放送されていたら防げていたのだろうかと考えもしました』とつづっています。そんな事情を知らない視聴者の間では『未来を予言していた?』『脚本家の先見性が凄い』と話題になっており、今後ますます注目が集まりそうです」(前出・テレビ誌記者)

 同ドラマの脚本家・野木亜紀子は、過去に「重版出来!」や「逃げるは恥だが役に立つ」(いずれもTBS系)で数々の賞を受賞した実力派。今作でもその手腕が高く評価されることになりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋