芸能

フジテレビ、元NHK登坂淳一を痛恨の起用中止も「感謝すべき相手」とは!?

 この4月からのフジテレビ報道番組「プライムニュース」のメインキャスター就任が決定していた、元NHKの人気アナ・登坂淳一が急遽、番組出演を自粛することになった。原因となったのは、1月25日発売の週刊文春。登坂アナの北海道時代の女性へのハラスメント問題をスクープする「文春砲」をぶっ放したのだ。新人アナをトイレまで追いかけ、スカートをめくって…スッパ抜いた登坂の行状は今のハラスメント糾弾時代にあるまじき行為だったことは確かで、本人は「事実ではないところもある」とは言いつつも、所属するホリプロを通してフジテレビに出演自粛を申し出たという。

「登坂アナはロマンスグレーの風貌と品のある語り口から“麿”と呼ばれ、男女問わず人気が高く、フリー転身後初の大仕事ということで、視聴率に苦しむフジテレビの救世主として期待されていました。ところが、2年前に経歴詐称問題で同じくフジテレビの報道番組『ユアタイム』を直前降板したショーンKと同じパターンになってしまった。これには世間も『登坂アナにがっかり』『フジテレビは呪われてる』『事前に身体検査してないの?』など批判や嘲笑コメントが多数投稿されていますし、事実その通りとも思います。でも、一部から“今回は文春砲が日和った”なんて声もあるんです」(女性誌記者)

 というのも、前回のショーンKは4月からの番組開始直前の3月のスクープで、これによりフジテレビは大混乱。結局は、パートナーだったタレントの市川紗椰が単独でMCを担当するも、内容でも視聴率でも惨敗してしまった…。

「今回は番組開始までまだ2カ月以上あります。本当に世間にインパクトを与えたいなら、もう少しネタを温めておくこともできたはず。でも、この時点で出したのはフジに後任アナを探せる猶予を与えたという見方が多いですね。しかもそれについては、先日の文春砲が小室哲哉を電撃引退に追い込み、いつもとは正反対の大批判を文春が食らってしまったことが影響しているのでは?という声が多い。文春が“巻き返し”に必死で、一刻も早く小室の失敗を取り返したかったという解釈です」(前出・女性誌記者)

 本当に文春が焦った結果なのだとしたら、フジテレビは少し助かった?

(山田ここ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
4
岡村隆史の“心ない発言”で若林正恭と破局した南沢奈央のファンが怒髪天!
5
浜崎あゆみ、すっかり「インスタ芸人」状態に「コンサートだけに絞れば?」の声