芸能

フジテレビ、元NHK登坂淳一を痛恨の起用中止も「感謝すべき相手」とは!?

 この4月からのフジテレビ報道番組「プライムニュース」のメインキャスター就任が決定していた、元NHKの人気アナ・登坂淳一が急遽、番組出演を自粛することになった。原因となったのは、1月25日発売の週刊文春。登坂アナの北海道時代の女性へのハラスメント問題をスクープする「文春砲」をぶっ放したのだ。新人アナをトイレまで追いかけ、スカートをめくって…スッパ抜いた登坂の行状は今のハラスメント糾弾時代にあるまじき行為だったことは確かで、本人は「事実ではないところもある」とは言いつつも、所属するホリプロを通してフジテレビに出演自粛を申し出たという。

「登坂アナはロマンスグレーの風貌と品のある語り口から“麿”と呼ばれ、男女問わず人気が高く、フリー転身後初の大仕事ということで、視聴率に苦しむフジテレビの救世主として期待されていました。ところが、2年前に経歴詐称問題で同じくフジテレビの報道番組『ユアタイム』を直前降板したショーンKと同じパターンになってしまった。これには世間も『登坂アナにがっかり』『フジテレビは呪われてる』『事前に身体検査してないの?』など批判や嘲笑コメントが多数投稿されていますし、事実その通りとも思います。でも、一部から“今回は文春砲が日和った”なんて声もあるんです」(女性誌記者)

 というのも、前回のショーンKは4月からの番組開始直前の3月のスクープで、これによりフジテレビは大混乱。結局は、パートナーだったタレントの市川紗椰が単独でMCを担当するも、内容でも視聴率でも惨敗してしまった…。

「今回は番組開始までまだ2カ月以上あります。本当に世間にインパクトを与えたいなら、もう少しネタを温めておくこともできたはず。でも、この時点で出したのはフジに後任アナを探せる猶予を与えたという見方が多いですね。しかもそれについては、先日の文春砲が小室哲哉を電撃引退に追い込み、いつもとは正反対の大批判を文春が食らってしまったことが影響しているのでは?という声が多い。文春が“巻き返し”に必死で、一刻も早く小室の失敗を取り返したかったという解釈です」(前出・女性誌記者)

 本当に文春が焦った結果なのだとしたら、フジテレビは少し助かった?

(山田ここ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
2
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
3
「知らなくていいコト」、重岡大毅の“闇深演技”にドン引きの声も興味爆増!?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手!