社会

ガン予防にもなる?「ミカンの白い筋」の栄養価がすごい!

 冬にコタツに入りながら食べるミカンは実に美味だ。そのミカンにはビタミンCをはじめとする栄養素が豊富に含まれていることは何となく知っている人も多いだろう。しかし、一番栄養素が豊富だったのは、実は捨てられることの多いミカンの「白い筋」の部分なのだ。ミカンにはビタミンCが豊富(100g中35mg)に含まれているほか、ビタミンA、EやB群も豊富なうえ、クエン酸やβクリプトキサンチン、ペクチン、ヘスペリジン、β-カロテン、カリウムなども含まれており、風邪をひいた時や予防に良いと言われてきた。そして最近では発ガン抑制、抗酸化作用、骨粗しょう症予防などに優れた効能があることが次々と証明されている。

 ところが多くの人が食べずに捨ててしまう、ミカンの身に添い枝状に弦のように全体に貼り巡らされている白い筋に、さらにすごい栄養素があるというのだ。

「名前を維管束(いかんそく)といい、いろいろな栄養素が含まれている。もちろん食物繊維は多いんですが、ビタミンP(ヘスペリジン)の含有量がすごい。そして、この成分が健康を増進する役割を果たす。というのも維管束は栄養を運搬する役割を担っているので、栄養がぎっしり詰まっているんです」(管理栄養士の小林久美さん)

 ビタミンPはフラボノイド(色素)の総称。ルチンやヘスペリジン、ケルセチンなどのフラボノイドを合わせてビタミンPと呼ぶ。 このビタミンPの効能を中島胃腸医院の中島正院長が解説する。

「ビタミンPはポリフェノールの一種で毛細血管を強くするといわれ、血流改善、LDLコレステロールの低下、抗アレルギー作用、免疫力アップなどに効能があるといわれています」

 LDLコレステロールの低下は、高血圧や中性脂肪の改善に効果が大きい。

「ミカン、特に維管束は美容にも効果は大きいですが食べ過ぎは体に毒」(前出・小林さん)

 冬場はミカンをまるごと食べて健康増進といこう。ただし、何事もほどほどに、という原則は言うまでもない。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒