芸能

ビートたけしの名言集「急に辞めますではファンに対して失礼」

〈小室哲哉引退!〉

 生放送レギュラー番組「新・情報7daysニュースキャスター」の中で、その日飛び込んできたトップニュースに、殿は番組冒頭で、「ファンがいるのに引退するのはどうかね」と、まずはエクスキューズを投げかけると、

「芸人っていうのは、客がいればやる。客がいなけりゃ引退するしかない。俺がライブをやるっていったって、お客が0だったらしょうがないじゃん。お客がいるうちはやりますよ」

 と、持論を述べたのです。

 殿の中で、「芸人の引退」といったテーマは、何度か語られてきた話題であり、幾度となく「たけし引退論」を聞いたことがあります。

 ちなみに殿が言う「芸人」とは、何もコメディアンや漫才師だけのことではなく、歌手、役者、タレント、バンドマン、落語家さんと、「客前で何かを披露する全ての人」が対象です。

 とにかく殿には、「芸人の引退」について一貫した意見がはっきりとあります。

「俺たちみたいな商売は、あってもなくてもいい商売なんだから、見たいという人がいればやるけど、誰も見たくなくなったら、その時点でもう終わりなんだから。引退うんぬんじゃなくて、ほっといたって引退させられるんだから」

「今までファンにさんざん頼ってやってきといて、急に事情ができたから辞めますってのは、ファンに対しても、やってきたことに対しても失礼だよね。だって、ツービートが世に出たことで、どれだけ東京の漫才師が犠牲になったと思ってるんだよ。俺たちが売れたことで、辞めた漫才師だっているんだから」

 これらの殿の発言からは、人気商売の“業の深さ”と、それに伴う犠牲、そして、それを背負ってやっていく覚悟がはっきりと伝わってきます。

 芸能という人気商売において、誰よりも“一番高い位置で、抜きん出て長く”体を張ってやってきた殿だからこその発言である、と。

 ちなみに、「スポーツ選手が体力の衰えや限界を感じ取り、けじめとして引退を発表するのは至極当然のこと」といった発言を、殿から聞いたこともあります。

 で、冒頭の〈小室引退〉について、放送終了後、殿と楽屋にて、改めて“その話題”で、あーでもないこうでもないとディスカッションをしている時、何だかふざけたくなったわたくしが、「でも、さんざん『勝手に辞めるのはおかしい』なんて言っていた殿が、明日あたり、いきなり引退会見を開いたりするんですよね」と“ネタ”を振ると、殿は瞬時に、

「うん。『最近はすっかり勃ちませんので、本日をもって引退いたします』って、バカなこと言わせんな!」

 と、珍しく“ノリツッコミ”を楽しそうに披露する殿なのでした。

 しかし、ほとんど宣伝もせず開催した、つい先日の単独ライブでも、圧倒的多数の応募があった殿に、「客が0の日」など、本当に来るのでしょうか?

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり