スポーツ

貴乃花一門「まさかの分裂」怒号内幕(4)土俵の上はガチンコ力士が台頭

 はたして、協会相手に対決を挑んだ貴乃花親方の信念は成果なしだったのか。

「騒動直後となる初場所は5日目からは白鵬(32)、6日目からは稀勢の里(31)と横綱が相次いで休場した。さらに、モンゴル出身の照ノ富士(26)、阿武咲(21)、栃煌山(30)など、十両以上の休場は再出場者を含め11名。戦後6番目にケガの多い場所となった」(相撲担当記者)

 途中休場で2横綱を欠いたとはいえ、それでも見るに値する場所でもあった。

「白鵬が横綱相撲としては見苦しいと批判の多かったかちあげ、張り差しを封印し、持ち味を出せないまま自滅したのは印象的でしたが、それ以上に、このケガ人の多さはガチンコ相撲が増えたことを証明している。当たりの強い取組が新たな相撲ファンを虜にしたとも言えます」(角界関係者)

 たび重なる不祥事が噴出したにもかかわらず、連日満員御礼が続いたのは、迫力ある取組をファンが支持したことに他ならない。前出・角界関係者が語る。

「一世を風靡したモンゴル勢は暴行事件を受けガタガタ。代わって平幕優勝を遂げた栃ノ心(30)が場所を盛り上げましたが、実はこれまで、白鵬には25戦全敗、鶴竜(32)には1勝21敗とモンゴル勢を極端に苦手としてきただけに、一部では“モンゴルの犬”と嘲笑されていた。場所前に星回しをするモンゴル互助会を毛嫌いしていた貴乃花親方にとっては、理事選の結果はともあれ、明らかな人情相撲が鳴りを潜め、土俵の上は目指す相撲道に近づきつつあるのではないでしょうか」

 理事長の椅子は遠ざかったとしても、貴乃花親方が得たものも多かった、とも言えるのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
2
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
3
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
4
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!
5
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ