エンタメ

藤井聡太五段「羽生永世七冠」打倒へのV秘策(1)早指し戦は瞬発力の若手に有利

 史上最年少のプロ入り、デビューから29連勝と数々の記録を塗り替えてきた天才少年が「初優勝」を目指す。立ちはだかるのは昨年、史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治。キャリアと経験でヒケを取る藤井五段は、王者にどう立ち向かうのか。2人をよく知る男が大金星へのV秘策を明かした。

 最高価格のSS席9800円を含む584席分の観戦切符が即日完売──。2月17日に行われる“世紀の対局”(東京・有楽町朝日ホール)がプラチナチケットと化し、注目度の高さをあらためて世に知らしめた。

 対戦するのは、空前絶後の「永世七冠」を達成し、国民栄誉賞を授与されたばかりの天才棋士と、14歳で将棋界の最多29連勝記録を作った天才ルーキー。羽生善治竜王(47)と藤井聡太五段(15)の対局である。

 この公式戦初対決は、将棋史に残る重要な一戦になるのはもちろん、藤井五段の傑出した実力を物語っているという。

「全ての棋士にとって、羽生戦は特別。一度も対戦できないまま引退する棋士が全体の2~3割いると言われているぐらいで、当たることすらなかなか簡単にはかないません」

 こう語るのは、「羽生善治 夢と、自信と。」(学習研究社)の著書がある将棋記者の椎名龍一氏。竜王戦や棋聖戦といった大会でタイトルホルダーの羽生竜王と相まみえるには、挑戦者決定戦を勝ち抜いて、その高みまで昇り詰めなければならないからだ。

 今回、藤井五段は「朝日杯将棋オープン戦」のトーナメントを勝ち進み、準々決勝で佐藤天彦名人(30)を破ったことで、次戦の準決勝で羽生竜王と激突することになったのである。

「早晩、羽生対藤井のカードは実現すると思ってはいましたが、予想以上に早かった。それは藤井さんが驚異的に強いせい。競走馬でいえば、新馬なのに他の馬より常に10秒は速いくらい強い。ハンパない新人です」(前出・椎名氏)

 藤井五段は16年秋にプロデビューした若武者。公式戦優勝143回を誇る重鎮との一騎打ちに世間は沸騰している。

 藤井五段は「羽生打倒」を果たせるのか。

「藤井聡太 天才はいかに生まれたか」(NHK出版新書)の著書を持つフリーライター・松本博文氏は、「藤井五段が勝つ確率はズバリ4割」と断言したうえで、その根拠を明かす。

「朝日杯将棋オープン戦は持ち時間が各40分という早指し戦。一般的に持ち時間が短いほうが、若手にとって有利と言われています。短時間で手を読みきる“瞬発力”では、やはり若手に分がありますからね」

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?
5
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!