芸能

天才テリー伊藤対談「須藤凜々花」(1)自分の人生だから正直に生きたくて

●ゲスト:須藤 凜々花(すとう・りりか) 1996年、東京都生まれ。2013年、「AKB48グループ ドラフト会議」でNMB48に指名され、翌年、正式メンバーとしてチームNへ加入。11枚目シングル「Don ’t look back!」で初めてシングル表題曲の選抜入り、12枚目シングル「ドリアン少年」ではセンターポジションを務めた。15年、初の冠番組「NMB48須藤凜々花の麻雀ガチバトル! りりぽんのトップ目とったんで!」(TBSチャンネル1)放送開始。16年、哲学書「人生を危険にさらせ!」(幻冬舎)を政治社会学者・堀内進之介氏との共著で出版。同年6月発売のAKB48の44枚目シングル「翼はいらない」で初めてAKB48のシングル選抜メンバーに選出される。17年6月の「第9回AKB48選抜総選挙」で20位にランクイン、この時のスピーチで結婚することを公表。後日、NMB48から卒業することも発表し、8月の卒業公演で活動を終了。今年4月、結婚予定。

 人気グループ・NMB48のメンバーとして活躍中、突然ステージ上で「結婚します!」と宣言、衝撃のアイドル引退が話題を呼んだ須藤凜々花。いよいよ結婚を直前に控えた彼女を天才テリーが直撃。気になる彼氏のことから今後の目標まで、今知りたい全てを聞き出した!

テリー 凜々花さんは元NMB48のメンバーで、去年の「(AKB48選抜)総選挙」の時に突然、結婚宣言をして大騒ぎになったよね。

須藤 はい、来月結婚するんですが、入籍だけは済ませて、そこから彼氏と一緒に住み始めます。

テリー 俺、あの騒動の時に「凜々花さんに文句を言うのは、考え方が古い」って言ってたんだよ。

須藤 はい、知っています。「おもしろい」って言っていただいたんですよね。

テリー そう。だってそもそもAKB48って、新しい価値観が受け入れられて人気になったわけでしょう。それなのに、自分たちより新しい価値観を否定するなんておかしいものね。あらためて、あの場で結婚宣言するのは、前から心に決めていたの?

須藤 はい。もう好きな人ができた時点で、ずっと言いたかったんです。

テリー でもさ、その総選挙の結果は20位だったでしょう。今は、アイドルって30歳ぐらいまで余裕でできちゃうじゃない。せっかくそこまで人気が出てきているのに、もったいないとは思わなかった?

須藤 私、もともとは哲学者になりたかったんですよ。AKBに応募したのも、いろんな人と握手して、いろんな業界の人と出会って、いろんな思想に触れたいなと思ったからなんです。あっと言う間にNMBのメンバーになって、センターにも選んでいただき、哲学書も出せて、好きだった麻雀の番組も持てて‥‥それである意味、燃え尽きちゃったんです。

テリー まだ21歳でしょう? 燃え尽きるのが早いなァ(苦笑)。

須藤 あと、アイドルだと制限されることが多くなっちゃったな、と思って。

テリー 例えば、どういうこと?

須藤 やっぱり、好きな人とコソコソ会わなきゃいけないのがつらくて。相手にも悪いし、自分の人生だから正直に生きたいし「もう、言っちゃえ!」と。

テリー アハハハ、思い切りがいいんだな。でも、そのあと、いろいろ言われて大変だったんじゃない。

須藤 私はいいんですけど、NMBのメンバーまで悪く言われちゃったのが‥‥。

テリー というと?

須藤 あの時、仲がよかったメンバーの子は「おめでとう」って言ってくれたんですけど、「お前も同類だ」とか悪く言われることがあって。

テリー 巻き込む形になっちゃったわけだ。

須藤 はい。応援してくれたファンの方や家族、周りのスタッフさんにもいっぱい迷惑かけました。でも、歴史的には私のほうが正しいと思っているので。

テリー ハハハハ、「歴史的」っていうの、いいね。

須藤 だから、今も「絶対、その人たちに恩返ししなきゃ」と思っています。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合