芸能

天才テリー伊藤対談「須藤凜々花」(3)哲学の勉強のためドイツに行きたい

テリー さっき、哲学者になるためにAKBのオーディションを受けたって言ってたよね。

須藤 そうです。もちろんAKBは好きだったんですけど、どちらかと言えば哲学者になりたい気持ちが強くて、高校の時は哲学科の大学を目指して、ガリ勉していました(笑)。

テリー どこを目指していたの?

須藤 横浜国立大学です。やっぱり学費は国公立が安いので。

テリー ああ、お母さんも助かるもんな。

須藤 それで高2の進路相談の時に、担任の先生に「横国かAKBかで迷ってるんですけど」みたいなことを言ったら、そんな進路選択をする人は今までいなかったらしくて、職員会議が開かれました。

テリー アハハハ、「AKBか哲学か」で悩む生徒なんてどこの高校にもいないよ(笑)。で、先生方はどういう結論を出してくれたの?

須藤 「夢を応援したい」と言ってくれました。そもそも担任の先生が大島優子さん推しだったので、理解もあったんです。

テリー そうか、それは運がよかったな(笑)。でもさ、アイドルを卒業したからには、これから本格的に哲学者を目指すことになるんでしょう。

須藤 はい、そのつもりです。

テリー 俺にはよくわかんないんだけど、哲学者ってどうやってなるものなの?

須藤 そうなんですよ、そこが難しいんです(笑)。「哲学研究者」ならすぐなれるんですけど、哲学者は周りからそう認められないと、なれないので。

テリー 今年、大学受験したのも、その流れなの?

須藤 はい、昨年高校卒業認定試験に受かって、大学受験の資格ができたので。

テリー どこを受けた?

須藤 ドイツ哲学が好きなので、とにかくドイツに留学したくて。海外交流をすごく支援してくれるところを受けました。

テリー だったら、一般入試じゃなくてAO入試(小論文や面接など、受験者の個性や適性といった多面性で評価する入試)で行けばいいじゃない。

須藤 うーん、AOだとたぶん100%行けると思うんですよ。でも一般入試のほうが、カッコいいんじゃないかなって(笑)。

テリー いやァ、AOがいいと思うよ。俺も去年の秋から慶応の大学院に行っているんだけどさ、AOで入った学生のほうが優秀っていう印象を持ってるよ。

須藤 そうなんですか。

テリー うん。最近あったことなんかを一人でしゃべらされる授業があるんだけど、AOの連中のほうが聴いていて魂入っているのを感じたし、すごいなと思った。カッコよさなら、AOのほうかもわかんないよ。

須藤 わ、じゃあ来年受けてみようかな。今年はもう締め切っていて、間に合わなかったんですよ。

テリー いや、絶対試したほうがいいよ。だって、慶応とか早稲田も今や4割ぐらいAOだし、国立でも増えていくから。それこそNMBにいたことは、凜々花さんの人生で大きな誇りなんだから、それを武器にしない手はないよ。

須藤 確かに、今までやってきたことが全部生かせるということですものね。アドバイス、ありがとうございます!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
3
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由
4
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
5
あの日にシテる?アンゴラ村長が夜の営みを明かし始めた裏事情