芸能

クロちゃん、自身の健康問題で涙した女医をウソ泣き扱いに「クズ過ぎ」の声!

 まったく食生活を改めないうえ、まさかの医師批判に世間も呆れまくり。

 安田大サーカスのクロちゃんが2月28日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に出演。「『ベッドの中に人がいる』が結局一番怖い説」のターゲットにされるも、またもや関係のない食事に関するツイートがウソであることが発覚した。クロちゃんは自身のツイッターで日々の食事メニューを明かし、健康に気を付けていることを前々からアピールしているものの、実際は紹介した食事メニューの他に隠れて食べていることは定番で、今回も“平常運転”だった。そんなクロちゃんだが、同局の医療番組「名医のTHE太鼓判!」に出演した際には、血糖値の状態が「即入院レベル」で突然死の可能性もあることが指摘されている。さらに医師団の一人である丸田佳奈医師はカメラが回っていないところでも食生活を改善するようクロちゃんに直接伝えていたが、その忠告をクロちゃんが無視していることに対して「何も響いてなかったのが本当に私、すごいショックで…」と涙を流す場面もあった。その流れも今回番組では紹介したうえで、「名医の──」の医師団にクロちゃんの食生活を報告するとスタッフに詰め寄られる場面もあった。が、クロちゃんは予想外の切り替えしを見せ、話題を集めているのだ。

 クロちゃんは「いやダメだから、アイツらうるさいからマジで」「専門分野かどうかわからないけど何かうるさいから」と、自分の体を心配してくれている医師たちに対してまさかの失礼発言をぶつけていた。さらに、クロちゃんは「泣きマネする女もいるから」と、涙を流した丸田医師をウソ泣きと断定するなど、あまりにもひどい言いようだったのである。

「医師団の一人である森田豊氏は、クロちゃんのツイートを頼りにクロちゃんが食事をしたお店を訪れ、店員から証言を得て、クロちゃんのウソを見抜いたりと、こちらの番組でも食生活を監視されているような状態。ただ、これもクロちゃんを心配してのこと。まさか自身のために泣いてくれた医師をウソ泣き扱いはクズ過ぎて正直笑えませんでしたね」(エンタメ誌ライター)

 視聴者からも「お前のために泣いてくれてるのにウソ泣き扱いは引くな」「こいつのクズ具合はだんだん笑えなくなってきた」といった声も上がっていた。そのクズっぷりはもう完治不能!?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…