芸能

クロちゃん、自身の健康問題で涙した女医をウソ泣き扱いに「クズ過ぎ」の声!

 まったく食生活を改めないうえ、まさかの医師批判に世間も呆れまくり。

 安田大サーカスのクロちゃんが2月28日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に出演。「『ベッドの中に人がいる』が結局一番怖い説」のターゲットにされるも、またもや関係のない食事に関するツイートがウソであることが発覚した。クロちゃんは自身のツイッターで日々の食事メニューを明かし、健康に気を付けていることを前々からアピールしているものの、実際は紹介した食事メニューの他に隠れて食べていることは定番で、今回も“平常運転”だった。そんなクロちゃんだが、同局の医療番組「名医のTHE太鼓判!」に出演した際には、血糖値の状態が「即入院レベル」で突然死の可能性もあることが指摘されている。さらに医師団の一人である丸田佳奈医師はカメラが回っていないところでも食生活を改善するようクロちゃんに直接伝えていたが、その忠告をクロちゃんが無視していることに対して「何も響いてなかったのが本当に私、すごいショックで…」と涙を流す場面もあった。その流れも今回番組では紹介したうえで、「名医の──」の医師団にクロちゃんの食生活を報告するとスタッフに詰め寄られる場面もあった。が、クロちゃんは予想外の切り替えしを見せ、話題を集めているのだ。

 クロちゃんは「いやダメだから、アイツらうるさいからマジで」「専門分野かどうかわからないけど何かうるさいから」と、自分の体を心配してくれている医師たちに対してまさかの失礼発言をぶつけていた。さらに、クロちゃんは「泣きマネする女もいるから」と、涙を流した丸田医師をウソ泣きと断定するなど、あまりにもひどい言いようだったのである。

「医師団の一人である森田豊氏は、クロちゃんのツイートを頼りにクロちゃんが食事をしたお店を訪れ、店員から証言を得て、クロちゃんのウソを見抜いたりと、こちらの番組でも食生活を監視されているような状態。ただ、これもクロちゃんを心配してのこと。まさか自身のために泣いてくれた医師をウソ泣き扱いはクズ過ぎて正直笑えませんでしたね」(エンタメ誌ライター)

 視聴者からも「お前のために泣いてくれてるのにウソ泣き扱いは引くな」「こいつのクズ具合はだんだん笑えなくなってきた」といった声も上がっていた。そのクズっぷりはもう完治不能!?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!