原発

社会

“美味しんぼ”作者・雁屋哲 福島関連の放言で県民から非難の嵐

人気グルメマンガ「美味しんぼ」(小学館)の作者・雁屋哲氏(72)が、オーストラリアの生活情報サイトで語ったインタビューが波紋を広げている。「福島の真実」として語られた数々の“放言”は、復興を願う人々にとって看過できないものだった。〈これは私…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , , , |
政治

「舛添VS細川・小泉連合」都知事選激突で気になるスキャンダル対決(3)

舛添氏を猛追するのが、1月14日に出馬表明した細川護煕氏(76)。全面支援に回る小泉純一郎氏(72)との元総理コンビで、無風状態だった選挙戦を一変させた。2人は「脱原発」で一致し、連携。東京都は原発事故を起こした東京電力の大株主であり、大き…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , , , , , , , , , |
政治

都知事選に見る政界再編とサプライズ出馬

ポスト猪瀬を巡って水面下でさまざまな動きがあるという。政治評論家の小林吉弥氏が語る。「誰を担ぐか各党とも模索しているが、しぼりきれていない。その中で最も人気があるのが舛添要一元厚労相(66)。行政経験のある実務型でオリンピックを控えている東…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , |
社会

関東一帯を襲う巨大地震の影

死者は最悪2万3000人、経済被害は国家予算に匹敵する約95兆円──。今後30年で発生する確率が70%の首都直下型地震の被害想定がまた大きくなった。加えてXデーが迫る富士山噴火。廃炉に向けての作業を進める福島第一原発は大丈夫か。武蔵野学院大…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , , , |
社会

それでも「福島で生きるということ」(2)医師・中林智之さん

13年3月、福島第一原発から20キロ圏内の小高区と原町区の一部を擁する福島県南相馬市に、一人の医師が移住してきた。富山県高岡市の済生会高岡病院で副院長兼内科部長を務めていた中林智之医師(60)だ。中林医師は、過去に福島県を訪れたのは数回程度…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , |
社会

それでも「福島で生きるということ」(1)元陸上選手・佐藤敦之さん

東日本大震災から3度目の正月を迎えようとしている福島県。しかし、いまだ第一原発の問題も収束しないまま、人口も震災前から5万人以上も流出したままだ。だがこうした状況下でも、地域のために懸命に奔走する人たちも少なくない。さまざまな思いが去来する…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , , , , |
社会

震災復興事業に苦しめられる被災地の慟哭!(2)地域再生より生活再建を願う

地元紙記者はこう続ける。「コンサルタントの後ろには大手ゼネコンがいたケースもありました。その計画を実行しても地元にお金は落ちず、東京から入ってくるお金が本社のある東京に戻るだけのものだった」沿岸部を含めて、被災地では災害時にスムーズに避難場…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , |
社会

震災から1000日が経過… 復興庁は発表できない被災地の終わりなきトラウマ地獄(3)

被災地を取材し続けるジャーナリストの村上和巳氏が語る。「岩手、宮城では巨大津波に襲われ、多くの方が命を落としました。震災当初、火葬場が満杯で土葬したものの、2カ月後には腐乱状態で体液が滴るビニール袋入りの遺体を納めた棺を、不憫さのあまりに家…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , , |
社会

震災から1000日が経過… 復興庁は発表できない被災地の終わりなきトラウマ地獄(2)

地獄の業火のような福島県民の怒りは尽きない。中筋氏が被災地に入って感じたのは、ここに来て「帰還は無理かもしれない」と避難民が感じだしたことだ。「南相馬市の居酒屋に入っても、『自分の屋敷は1億や2億で売れるだろうか。いや、5000万がいいとこ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , |
社会

震災から1000日が経過… 復興庁は発表できない被災地の終わりなきトラウマ地獄(1)

12月4日で東日本大震災発生から1000日が経過した。しかし、宮城、岩手、福島の3県を中心に避難者は今なお27万人を超え、被災者たちは心にさまざまなトラウマを抱えて日々苦しんでいる。復興庁発表の数字では表れない「地獄の現状」に迫った。復興庁…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , |
社会

現場作業員が独占激白!福島原発4号機 「燃料棒取り出し」の凄絶実態!(3)

現場は常軌を逸した惨状が続いている。ちなみに八木澤氏はこんな話を聞いたという。「福島原発が水素爆発した際、何号機のものかは定かではないが、燃料棒の一部が敷地の中に落ちていた。しかし非常に線量の高いものでしょ。では、どうしたかというと、遠隔操…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

現場作業員が独占激白!福島原発4号機 「燃料棒取り出し」の凄絶実態!(2)

福島第一原発の取材を続けている八木澤高明カメラマンは、「政府は本当に原発がコントロールされていると思っているのか。思っているとしたらあまりに無責任」と前置きし、こう語る。「今、燃料棒の取り出し作業に当たるベテラン作業員は36名いると言われま…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

現場作業員が独占激白!福島原発4号機 「燃料棒取り出し」の凄絶実態!(1)

去る11月18日から始まった福島第一原発4号機の燃料棒取り出し作業──。燃料プール内に散乱する瓦礫が取り出しの邪魔になり、空気に触れると高濃度の放射能が拡散、「全員即死」の最悪事態も懸念される。この1年で本当に無事に作業は終わるのか。かつて…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

小泉純一郎“原発即ゼロ要求”で蠢く「北方領土奪還」密約!(3)小泉氏とプーチン大統領との間にホットラインが存在?

小泉氏は総理時代の04年に、海上から北方領土を視察し、プーチン大統領から不快感を表明された間柄だ。森氏を通じてとはいえ、小泉氏が簡単にロシア側の提案を鵜呑みにするのだろうか。永田町関係者が言う。「もともと小泉氏とプーチン大統領は信頼関係にあ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , , |