原発

社会

山本太郎×井筒監督「銭ゲバ自民党どつき対談」(3)なぜ国は東電に任せてしまったのか

──安倍総理は7年後には絶対に大丈夫だと‥‥。山本それ、無責任でしょ。井筒どこに根拠があんねん。福島の人らが聞いたら「クソ安倍、ナメるな!」と激怒するやろ。山本いちばん重要なことから国民の目をそらせることばかりです。こんなに放射能が漏れまく…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , |
社会

山本太郎×井筒監督「銭ゲバ自民党どつき対談」(2)国会議員の人相の悪さにビックリ

井筒風当たりは相当やろね。議員になったとたん、さらに攻撃強まってるしな。山本すごく脅威に思われてるんだなとは思います。戸籍を取ってこないとわからないようなことも上がってきたり、電話番号もピンポイントで調べ上げられたり。一部メディアの攻撃はほ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , |
社会

山本太郎×井筒監督「銭ゲバ自民党どつき対談」(1)ハゲない政治家なんか信用できない

大勢の国民の後押しにより、みごと参院選で当選した山本太郎。さっそく強い風当たりを実感しながらも「そこまで思っていただけて光栄」と心が折れることはない。原発、TPPと山積する国の課題に鋭く切り込む山本に、かつて何度も山本を映画に登場させた井筒…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , |
政治

小泉進次郎「再生への闘い393日」(1)復興を妨げる“役所の壁”

昨年2月、当時、野党だった自民党青年局内で、ひっそりとスタートした「チームイレブン」。中心的な役割を担う小泉進次郎は、復興支援のため、被災地に足繁く通い詰め、政策に反映させようと奔走した。ところが、下野した自民党への風当たりは強く、法律の規…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
社会

福島・原発村「自殺酪農家」遺族の悲痛慟哭(3)餓死した牛を食べていた豚

「わすれないふくしま」(配給:オフィスフォー/トラヴィス。3月2日より東京都写真美術館ホールほか全国順次公開)では菅野さんの他にも、放射能被害で立ち行かなくなった酪農家の現実を追っている。11年8月、南相馬市のとある牛舎。数頭の牛がまだ生き…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

福島・原発村「自殺酪農家」遺族の悲痛慟哭(2)1億1120万円の賠償請求

四ノ宮監督が言う。「まさか遺書はもう残ってないだろうと思ったら、消していなかった。家の中の壁にも同じような内容の記述があったそうです。菅野さんはワラの上に乗って、さらにハシゴを架けて登り、首にロープをかけるとハシゴを落とし絶命した。撮影で訪…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

福島・原発村「自殺酪農家」遺族の悲痛慟哭(1)「原発さえなければ」の遺書

東日本大震災から間もなく2年。仕事を奪われ「原発さえなければ」と書き残して命を断った酪農家の遺族が、今なお慟哭の声を上げている。福島原発放射能汚染の被害者たちの生活を20カ月にわたって密着撮したドキュメント映画の完成を機に、作品に登場する遺…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

福島第二原発「燃料棒取り出し」緊迫の1日を密着ルポ!(2)扉が開くと「スイス民謡」が

待つこと1分、画面に正常値との旨が表示された。少しホッとする。その後、養生の済んだ機材を持ち、敷地南側から順に1号機から4号機まで立ち並ぶ建屋エリアまで移動すると、ガラス張りの建物前でバスを降りる。建物内で金属探知機検査を受け、二重扉のセキ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

「原発発禁本」の戦慄内容を公開する!(4) 社内でも不評を買う前社長

清水の退任後に社長に就任したのが西澤俊夫(61)だ。わずか1年間という短い社長就任期間で市民が西澤について覚えているのは、「値上げは事業者としての当然の権利」昨年11月に発したこの言葉ぐらいだろう。東電は今年9月から電気料金を値上げした。日…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

「原発発禁本」の戦慄内容を公開する!(3) 事故対応と同じく逃げるのみ

事故当時の東電社長、清水正孝(68)も業務上過失責任が問われて当然の人物だ。勝俣と清水の事故後のあり方はまったく対照的だ。株主総会でも、政治家との交渉でも、マスコミへの対応でも、勝俣は常に矢面に立った。責任追及はのらりくらりとかわしながら、…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

即刻廃炉せよ!韓国原発事故「西風2メートル」で九州・四国35万人がガン死する!(3)古くなったパイプが破れ…

もし福島第一原発のような大事故が古里原発で起きれば、放出された放射性物質は日本へ・・・・!?この住民の指摘は本当なのか。そもそも、大事故は本当に起きるのか。前出・朴准教授によれば、「韓国は日本よりはるかに地震の頻度が低い。しかし地震があろう…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「原発発禁本」の戦慄内容を公開する!(2) 直撃取材にも鉄面皮を貫く

東京電力の事故当時の会長、勝俣恒久(72)。都内の高級住宅街の中でもひときわ目立つ、高い塀の要塞のような一軒家が、勝俣の自宅である。会長を退任するまでは、ポリボックスが設置され、警官が常駐していた。今も15~30分の間隔で、警官の巡回がある…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

即刻廃炉せよ!韓国原発事故「西風2メートル」で九州・四国35万人がガン死する!(2)情報公開をしない「伏魔殿」

当然ながら、地元釜山では住民の怒りが爆発。〈古くて危険な古里1号機は早く廃止しろ〉こんな横断幕を掲げて反対運動を行ったのは、反核釜山市民対策委員会なる団体である。反対運動に参加する住民の一人も憤りを隠さない。「覚醒剤事件を機に、全ての職員に…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

「原発発禁本」の戦慄内容を公開する!(1) なぜ「発禁」にされたのか?

福島第一原発事故を巡り、多くの著作が刊行されている。そんな中、ある本が「発禁」扱いとなった。事故の直接的、間接的を問わず遠因を作り出した“原子力ムラ”の26人の人々を「超A級戦犯」として断罪したためだ。簡単には読むこ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |