横浜高校

スポーツ

愛甲猛を擁する横浜が悲願の「夏の甲子園」制覇した「第62回大会」

“平成の怪物”松坂大輔(中日)を擁し、1998年の第80回夏の選手権で全国制覇を達成。同時に史上5校目となる春夏連覇を成し遂げた横浜(神奈川)。70年代、80年代、2000年代で各1回ずつ優勝を果たしており、4つの年代連続で甲子園を制してい…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

甲子園を震わせた!都道府県別「歴代・スゴすぎる強豪校」(2)バットを振らずに伝説を

手束氏が、「歴代の強豪校を見ても、群を抜いて強かったチームの一つ」と絶賛するのが、西東京代表として11年に6試合連続2桁安打を記録し、優勝まで一気に駆け抜けた日大三だ。「01年に次いで2度目の戴冠となりましたが、その時よりも数段強かった印象…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

「サボリのマツ」を“平成の怪物”に変えた97年神奈川県大会での“苦杯”

1998年に甲子園11連勝を記録し、史上5校目の春夏連覇を達成した横浜(神奈川)。その中心にいたのが“平成の怪物”松坂大輔であった。彼を“平成の怪物”へと進化するために、どうしても必要だったのが、松坂が高校2年生時の97年第79回夏の選手権…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

高橋由伸は夏の甲子園91年・92年神奈川県大会で投打ともに大活躍していた!

1990年代初頭の神奈川県は完全な“2強時代”に突入していた。91年、92年の夏の県予選は2年連続同一カード。桐蔭学園と横浜が激闘を繰り広げ、2年連続で桐蔭学園が勝利した。そして、その中心にいたのが類いまれな野球センスでのちに世代を象徴する…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

横浜高校の“執念の松井裕樹対策”が結実した2013年夏の神奈川県予選!

2012年の第94回夏の選手権で1試合最多奪三振22を含む計4試合で68奪三振をマークし、甲子園を沸かせた松井裕樹(東北楽天)。この時はまだ2年生ながらもすでに桐光学園(神奈川)のエースナンバーを背負っていたので、その翌年の春夏の甲子園で、…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

「日本の4番」筒香嘉智が悔しさを味わった「夏の甲子園」09年神奈川県予選!

神奈川の強豪・横浜で1年生時から4番を任され高校通算で69本塁打を放った筒香嘉智(横浜DeNA)。2008年、高校2年時の夏の第90回選手権では1試合個人最多タイとなる8打点をマークするなど大活躍を見せたが、翌年は春夏ともに予選で敗退し、甲…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

選抜優勝3回を誇る横浜が「決勝戦での最多得点差」の記録も持っている!

現在、春の選抜では歴代2位タイの優勝回数3回を誇る横浜(神奈川)。その最初の優勝が1973年の第45回大会である。この時の主軸がエース・永川英植(元・ヤクルト)と強打の3番・長崎誠(プロゴルファー)。初戦の小倉商(福岡)戦から劇的な展開が待…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

強豪校同士の勝敗が“振り逃げ3ラン”で決まった07年神奈川県予選準決勝

夏の甲子園を目指す戦いも佳境に入っているが、過去にその予選で振り逃げが3ランとなったことが両チームの明暗を分けたという出来事があった。その事件が起きたのは07年第89回大会の神奈川県予選準決勝でのこと。しかも東海大相模対横浜という強豪校同士…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(11)「松坂二世」涌井秀章が味わった「屈辱のメッタ打ち」

13年オフにFAで埼玉西武から千葉ロッテへ移籍。昨シーズンは自身3度目のパ・リーグ最多勝を獲得するなど、今やリーグを代表する右腕となった涌井秀章。そんな涌井は横浜(神奈川)への入学時から「松坂大輔二世」と呼ばれていたほど期待された投手だった…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |