福島第一原発

社会

東電・緊迫株主総会が葬り去った「“福島第一原発”メルトダウン」隠ぺいの主犯!(1)誰が主導したのか?

福島第一原発事故で「メルトダウン」を把握しながら、“官邸の圧力”で東京電力は公表しなかったことが明らかとなった。経営陣は早々に謝罪したが、株主総会で追及を受けた。隠蔽工作を主導した正体は何だったのか。その深層に迫る!6月28日、国立代々木体…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

福島原発作業現場に外国人大量流入で地元がパニックに(3)利用される「技能実習生」という制度

さらにこの問題は、事故を起こした福島第一原発そのものへの外国人労働者投入への可能性も示唆している。原発についての賛否は、本稿が目的とするところではない。一方で「原子力発電所」は、その国の先端技術の集大成であり、それらの一部は機密となっている…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

福島原発作業現場に外国人大量流入で地元がパニックに(2)行政は業者の雇用を把握しておらず…

ただでさえ治安悪化におびえる住民の不安を、さらに増大させるようなことをするのだろうか──何より帰還者が増えないのだから市行政にとっても住民の不安解消は喫緊の課題であるはずだ。そこで直接、この問題について南相馬市役所危機管理課に問い合わせてみ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

福島原発作業現場に外国人大量流入で地元がパニックに(1)日本人作業員の事件が頻発しているが…

震災から5年が過ぎても、一向に進展しないのが福島第一原発の事故処理である。現場に隣接する南相馬市では、この4月から作業現場に外国人が大量流入することが明らかになった。役所が地元の大パニックを恐れ「事実」をひた隠す問題を徹底調査。福島の「今」…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

福島第一原発で“現役作業員”が真実を不敵暴露!「東電に対する不信感は募るばかり」

先に触れた「使えないヤツ」の増加によっても、トラブルが頻発しているという。「よく作業上のトラブルが東電から発表されていますが、あれは氷山の一角。高所から工具を落としたレベルまで含めれば日常茶飯事です。ある時は構内の交差点で車が横転していたこ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

福島第一原発で“現役作業員”が真実を不敵暴露!「汚染を防ぐ厳重な装備が仇となり…」

ところで、原子炉建屋周辺での作業は、放射線による汚染を防ぐため厳重な装備で行われている。作業員はアンダーウェア1枚になり、上下長袖のスウェットの上につなぎの防護服「タイベック」を着用。専用の靴下の中にタイベックの裾を巻き込み、手には綿手袋を…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

福島第一原発で“現役作業員”が真実を不敵暴露!「マスクにサングラス姿で…」

12年当時は収束作業に従事する作業員は1日当たり約3000人だったが、今ではその2倍となる約6000人にまで膨れ上がっている。線量低下に加え、作業員1人当たりの作業量も緩和されたかのように思えるが、実態はかなり異なると長田氏は憤る。「頭数が…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

福島第一原発で“現役作業員”が真実を不敵暴露!「現場で働く作業員が語る実状」

未曾有の原発事故から4年半もの月日が流れた。現在はテレビや新聞で報じられる機会が激減した福島第一原発だが、この酷暑の中でも連日、収束作業は続いている。鹿児島では新規制基準下で初めて川内原発が再稼働した今、長らく福島の現場を見続けてきた現役の…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

福島第一原発公開でわかった“汚染水危機”

「構内に保管している36万トンの汚染水を来年3月末までに処理を完了する」──東京電力・福島第一原発の小野明所長は10月16日、報道陣を前に「自信」たっぷりに語った。「自信」の背景にあるのは、この日行われた今年3回目の報道公開。事故発生から3…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

「美味しんぼ」騒動で緊急アンケート“福島は今、こう思われている!”(3)原発是非と放射線の影響を混同

20年には、東京五輪が開催されるが、日本サッカー協会の大仁邦弥会長は昨年末、代表のキャンプ地にJヴィレッジを使うことを希望した。Jヴィレッジは現在、福島第一原発の対応拠点となっている場所である。また、民主党にいたっては、今年2月に、福島での…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「美味しんぼ」騒動で緊急アンケート“福島は今、こう思われている!”(2)遺伝的な影響を心配する声

野口氏が、原因を解説する。「事故直後の政府対応があまりに稚拙でした。行政の信頼は失墜し、誰が情報を出しても常に『隠蔽』の疑いを持たれるようになったのは、こうした結果でしょう」最新号では、山岡士郎と海原雄山が、「真実を語るしかない」「偽善は言…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「美味しんぼ」騒動で緊急アンケート“福島は今、こう思われている!”(1)表現の自由と責任は表裏一体

糾弾派と擁護派が喧々諤々の主張を繰り広げ、大騒動に発展した「美味しんぼ」の鼻血表現。全国1000人に緊急アンケートを実施、語ることさえためらう、福島のタブーに対する意見を集めた。そこで浮き彫りになったのは、放射能情報への不信と変わらぬ福島へ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「美味しんぼ」が犯した根拠なき“福島差別”(3)エンタメ作品と記事の境界線

野口氏が語る。「12年に『ネットワークでつくる放射能汚染地図』という番組で43万ベクレルの汚泥の話をしました。ただし、阿武隈川に注ぐ側溝の泥の値です。そこは線量の高いホットスポットで、雨で流れてたまったのです。その値がなぜか同じ43万ベクレ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

「美味しんぼ」が犯した根拠なき“福島差別”(2)根拠がない汚染状況が語られている

これに対して、野口氏は再反論する。「漫画に出てくる松井英介氏は、実際にその類いのことを主張しているようですが、この放射性微粒子説は間違っています。まず微粒子の大きさや、放射能についての言及がありません」雁屋氏が福島を訪れたのは昨年で、事故の…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |