政治

福島原発「処理水を海洋放出」で中韓にスリ寄り…公明党と山口那津男に「見識と節操なし」という猛批判

 公明党の山口那津男代表は「なっちゃん」と自称し、親しみやすさをアピールしているが、「別の顔」も持つ。中国や韓国への「迎合」だ。それを象徴するような発言が、7月2日にあった。

 山口氏は今夏にも予定されている東京電力第一原発の処理水海洋放出について、福島県を訪問した際、次のように発言している。

「いたずらな不安を招かないように、配慮があってしかるべきだ。(海水浴の)シーズンにわざわざ排出する理由も特にない」

 処理水をめぐっては、希釈して海に流すための、海底トンネルの設置が6月下旬に完了。原子力規制委員会による検査でも問題は見つからず、放出の準備は整っている。これに対し、中国外務省の毛寧報道官は、

「国内外の懸念を重視し、強引に放出を進めないよう日本に求める」

 と牽制。日韓関係の改善を目指す韓国の尹錫悦政権は、国際原子力機関(IAEA)の検証で安全性が確認されれば処理水放出を容認する立場だが、韓国国会で多数を占める野党の賛成多数で、放水計画の撤回を求める決議案が、6月30日に賛成多数で可決された。

 山口氏の発言はこうした中韓の動きに乗ったものであり、

「風評(被害)を招かないよう、慌てないでしっかり説明を尽くしてほしい」

 と日本政府に求めた。公明党は支持母体の創価学会も含め、日中国交正常化に尽力したという歴史から「親中路線」をとっている。

 自民党側からは山口発言について「こういう発言こそ風評被害を惹起するということが分からないのか」(松本尚衆院議員)などと批判するツイートが相次いだ。日本維新の会の音喜多駿政調会長も「いくらなんでも不見識」と発信した。

 公明党は衆院小選挙区の候補者調整で、東京では「自民党との信頼関係は地に落ちた」として自民党候補を推さない方針を示したかと思えば、日本維新の会がこれまで候補者擁立を控えていた大阪・兵庫の6選挙区で候補者擁立方針を決めたのを受けて、自民党とヨリを戻そうとするなど、見識のない態度が自民党の反発を招いている。

 自民党内から一斉に批判の声が上がったのも、山口氏ら公明党の節操のなさが影響しているのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談