荒木大輔

スポーツ

天才テリー伊藤対談「水野雄仁」(4)池田高校野球部の一番の思い出は?

テリーこの夏の甲子園は100回記念大会ということで、高校野球のレジェンドたちが毎日始球式を行いますけど、水野さんも投げるんですよね。水野はい、11日に立たせていただきます。久々の甲子園のマウンドですから、今から楽しみなんですよ。テリー高校球…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

エースで4番・金村義明が甲子園優勝秘話を激白「3回戦で早実・荒木に勝って負ける気がしなかった」

兵庫県の「歴代スゴすぎチーム」は、第63回(1981年)大会優勝の報徳学園。6試合を投げ抜き防御率1.15。打っては22打数12安打と「エース・4番」としてチームを牽引した金村義明氏が秘話を明かした。初めて甲子園出場がかなったのが3年の春の…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

“逆転の報徳”が金村義明の活躍で栄冠をつかんだ「夏の甲子園第63回大会」

高校野球界に伝わる“逆転の報徳”というキャッチフレーズをご存知だろうか。これは報徳学園(兵庫)が夏の甲子園に初出場した1961年第43回大会の初戦・倉敷工(岡山)戦で見せた“奇跡”がその由来となっている。この試合は0‐0で突入した延長11回…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

「夏の甲子園第64回大会」池田の“やまびこ打線”が荒木大輔に襲い掛かる

大会4日目の第4試合に徳島県勢の鳴門が登場する。四国のチームには野球が盛んで強いというイメージがあるが、実は徳島県のチームは今まで夏の選手権で1度しか優勝したことがない。その1度が1982年の第64回大会。攻撃的な野球スタイルから“攻めダル…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

甲子園「夏の大会」100年の“スゴすぎる49校”を一挙公開!

今年で夏の甲子園は記念すべき100回目を迎える。そこで全国の高校野球ファンを震わせた歴代のレジェンドチームを地区別に選出。地元に深紅の大優勝旗をもたらした高校は今も伝説となって語り継がれている。「初めて甲子園出場がかなったのが3年の春の選抜…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

5季連続甲子園出場した伝説の投手・早実の荒木大輔の最も苦戦した試合

戦後、史上初の5季連続出場を果たした投手といえば、今回は惜しくも予選四回戦で姿を消した早稲田実(東東京)=当時=の、荒木大輔(元・ヤクルトなど)である。その荒木が最も苦戦した予選決勝戦が1982年第64回夏の選手権の東東京都大会。荒木、高3…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

プロ野球”黒いドラフト”封印された真相「荒木大輔は巨人志望だったが…」

早稲田実業のエースとして甲子園で大ちゃんフィーバーを起こした荒木大輔は、根っからの巨人ファン。「巨人なら(プロに)行きたい。そうでなければ早稲田大に進学」と公言していた。スポーツ紙デスクが明かす。「本当に巨人以外を拒否していました。荒木獲得…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |