スポーツ

荒木大輔「高津監督の苦労が今、生きている」

●ゲスト:荒木大輔(あらき・だいすけ) 1964年、東京都生まれ。1980年、早稲田実業高校に進学、1年の夏に準優勝するなど甲子園に5季連続で出場し、「大ちゃんフィーバー」を巻き起こす。1983年、ドラフト1位でヤクルトに入団。1992年には14年ぶりのリーグ優勝に貢献した。1996年に横浜へ移籍し、同年引退。その後は西武、ヤクルトでコーチ、2018年からは日本ハムの2軍監督を務めた。現在は日本テレビ、テレビ朝日、フジテレビ、文化放送、GAORA、サンケイスポーツなどで野球解説者として活躍中。

 甲子園に5季連続で出場し、空前の「大ちゃんフィーバー」を巻き起こした野球解説者の荒木大輔氏。現役引退後はコーチや2軍監督として高校の後輩である斎藤佑樹や清宮幸太郎の指導にも当たった。多忙な中を早実の大先輩・天才テリーが緊急呼び出し! 全てを聞き出した。

テリー もうすぐ夏の甲子園ですね。やっぱり気になりますか。

荒木 なりますね。早実(荒木とテリーの母校)が負けたら、次はここっていう感じで、最後までどこかのチームが気になってます。

テリー 球場に行った時は先輩風は吹かすんですか。「俺が大ちゃんだよ」って。

荒木 吹かさないです(笑)。僕らは行ったら、そのまま記者席に入るので。

テリー なんで? 吹かせてくださいよ! 大ちゃんフィーバーはすごかったんですから。

荒木 いやぁ、ハハハハ。

テリー あとで当時の話も伺いますけど、その前にヤクルトですよ! 僕は2年続けてこんなに強いとは思いませんでした。

荒木 戦力的には優勝する力はあると、僕ら解説者はみんな思ってましたけどね。

テリー 理由は何ですか。

荒木 やっぱりピッチャー陣ですね。先発の頭数が揃ってますし、能力の高いリリーフ陣も5、6人いて、調子が悪くなったらファームで調整させるっていう循環もうまくできていて、今いちばんいい時ですよね。

テリー もう村上(宗隆)も30本以上打ってますね。

荒木 村上と山田(哲人(てつと))という軸がいるのも大きいですよね。

テリー 荒木さんは高津監督とはずっと一緒にやられてましたけど、このまま行くと名将ですね。

荒木 晩年苦労してますからね。メジャーに行って、韓国や台湾に行って、独立リーグの2軍監督もやって、いろんなリーグを見てますから。その経験がすごく生きてると思います。

テリー ヤクルトはもうこのまま行きますか。

荒木 その確率は高いと思います。ただ、僕もヤクルトのコーチ時代に夏場まで首位で、落合中日を12ゲームぐらいリードしてたのに、最後に逆転優勝された苦い経験がありますから。

テリー 敵のホームって戦いにくいんですか。特に甲子園なんて声援がすごいですよね。

荒木 僕は甲子園は大好きでしたけど。

テリー 甲子園の大スターだからね。

荒木 いやいや、そうじゃなくて(笑)。向こうの応援歌を口ずさみながらマウンドにいられるぐらい、僕にとってはやりやすい球場だったんですよ。

テリー 一方のジャイアンツなんですけど。どうなっちゃったんですか。この前もテレビをつけたら、すでに7点も負けてて、見る気を失ったんですよ。

荒木 ファンは皆さん、そうでしょうね。

テリー とにかく今はアテになるピッチャーが戸郷(とごう)(翔征(しょうせい))ぐらいしか思いつかない。

荒木 外国人投手も投げてみないとわからないし、リリーフ陣がいないですよね。だから大勢(たいせい)に直接つながないといけない。

テリー 大勢は頑張ってますけどね。

荒木 ルーキーですから2試合投げたらベンチから外すとか、今はムリに使わないようにしてますからね。それだと、なかなか主軸というわけにはいかないですよね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え