週刊アサヒ芸能 2013年 1/31号

スポーツ

侍ジャパン3連覇への咆哮を聞け(4)「第2先発、中継ぎ、抑え…」

昨年11月のキューバとの親善試合で先発し、2回を1安打無失点、4奪三振と好投した澤村拓一(24)は、その投球スタイルで高い評価を得た。速球に強いキューバの強力打線に対し、首脳陣の期待どおり、変化球を多投して翻弄したのだ。巨人では、原監督から…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , , |
芸能

「家政婦のミタ」佐藤仁美“隣家のクソババア”大ブレイクまでの大苦闘

最高視聴率40%を記録した「家政婦のミタ」(日本テレビ系)で、隣家の“クソババア”を演じた佐藤仁美(33)。元アイドルによる「嫌われ役」は、近年まれに見る当たり役であった。*95年、名誉あるオーディションのホリプロタ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: |
芸能

水戸黄門“悪代官の極意”

「暴れん坊将軍」や「大岡越前」、そして「水戸黄門」では最多の68回ゲスト出演を誇る、時代劇に華を添え続ける悪役・内田勝正(68)。怖さと美しさを兼ね備えた“悪”の真髄を聞いた。*──悪役デビューは、「木枯し紋次郎」(…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
政治

安倍論文(4)「戦争指示」を発令した中国

西村氏は、「米外交専門誌『ディプロマット』は『北京の湖』をそのままタイトルにして安倍論文を評価する論説を発表し、中国を牽制しました。『ウォール・ストリート・ジャーナル』も『日本の防衛において』という論説を掲載し、高い評価を与えています」と、…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
エンタメ

ローラ特番打ち上げの泥酔→嘔吐で“ゲローラ”呼ばわり

昨年末、「笑っていいとも!」の打ち上げで、泥酔のあげく、ゲロまで吐いていたことをバラされたローラ(22)。そして、付いたあだ名が「ゲローラ」。その酒乱私生活をのぞいてみると‥‥。*ローラの“粗相”が明らかになったのは…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , |
エンタメ

“さらわれて”初出演した檀ふみ

高岩にとって特別な思いのある女優といえば、檀ふみである。高岩が「ふみ」と親しみを込めた口調で彼女を呼ぶのは、檀ふみの父であり、作家の檀一雄が、高岩の異父兄だからである。檀ふみは、高岩の姪にあたる。檀ふみが初めて出演した映画が、高倉健の「昭和…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , |
芸能

悪人はヒーローよりも魅力的存在

たった一人で原爆を作り上げ、国家権力を相手に荒唐無稽な要求を繰り広げる「太陽を盗んだ男」(79年・東宝)の沢田研二も、憎めない悪役の一人だ。「結局、原爆を持て余す様が、おちゃめでユーモラス。最後の菅原文太演じる刑事との駆け引きも、妙に笑いを…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , |
芸能

松田優作「死神を連れた演技」

観る者に強烈なインパクトを与える映画の中の“悪”。中でも映画史上に燦然と輝く「ベスト・オブ・悪役」を、業界きっての悪役ツウ・映画評論家の秋本鉄次氏が選出する!*まず秋本氏が真っ先にあげるのは、ハリウッド映画「ブラック…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , |
芸能

百恵と淳子、“批判”を芝居で封じた

怪物番組だった「おしん」に次ぎ、NHK朝ドラの視聴率で2位の記録を持つのが「澪つくし」(85年)である。平均で44・3%、最高で55・3%という驚異的な数字だった。主演・古川かをる役は沢口靖子だが、その異母姉・坂東律子に扮したのが淳子だった…

カテゴリー: 芸能 | タグ: |
スポーツ

菅野智之が開幕投手候補に浮上

菅野にとって浪人生活がハンデになることは再三指摘されてきた。だが、先の球界関係者はこう明かす。「菅野はこの1年間、実戦登板ができなかった分、それ以外でやれることは貪欲にやってきた。その1つがメジャーの視察で、現地では東海大のネットワークを駆…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
政治

安倍論文(3)「ダイヤモンドVS真珠」対決

壮大とも言える「日米印豪同盟」。なるほど、この4地域を線で結ぶと、巨大なダイヤモンドの形となる。しかし、なぜハワイまで入ってくるのか。外交ジャーナリストによれば、「数年前に中国の政府高官がアメリカの閣僚に『将来的に太平洋を半分ずつ分け合いま…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
エンタメ

高倉健の素顔とは

60年近い映画人生の中で、高岩が関わってきたスタアたちは数知れないが、その中でも強烈な存在感とともに記憶しているのは、やはり高倉健だ。55年、東映の第2期ニューフェースとして入社した高倉健は、やがて「網走番外地」シリーズ、「昭和残侠伝」シリ…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , |
芸能

「悪役商会」八名信夫が語る“悪役の心得”

俳優歴55年、ご存じ「悪役商会」の八名信夫(77)。大ベテランが語る“悪役の心得・3カ条”とは――。*まずあげたのが、“媚びない”ということ。「役者ってのはね。主役に媚び、プロデューサーに媚び…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
スポーツ

競馬エージェント(3)何百万円もの追徴課税が…

「陰のフィクサー」として暗躍するエージェント集団。現在はリーディング上位の騎手には全てエージェントがついている。トップ騎手にはもちろん騎乗依頼が多いから、エージェントはそれを上手にさばいていかなければいけない。その結果、いい成績を残すことが…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , |
123