芸能

浅田舞、「私はきれい」発言に滲み出た妹・真央への消えない劣等感

20150702asada

 女性誌に掲載された、浅田舞の恋愛相談のある解答が物議を醸している。

 問題となっているのは6月23日に発売された雑誌「ViVi」8月号で掲載された「浅田舞のモテ理論」という恋愛相談のコーナー。そこで舞は、「モテると思ったことはありますか?」という質問に「んー、そういえばあんまり嫌な想いをしたことがないですね」と、昔から男性に傷つくようなことを言われたり、されたりした覚えがないことを明かしながら、続けてこう答えているのだ。

「小さい頃から姉妹でいると、私は『きれいだね』、真央は『ジャンプが上手だね』って声をかけていただくことが多かったです。あはは」

 一見、謙遜して答えをはぐらかしているかのようにも読めるこの解答。しかし読み解いていくと、舞がいまだに真央に対して劣等感を抱えていることがわかるというのだ。

「舞はなぜ、この質問の答えに本来必要のない真央を引き合いに出したのか。それは暗に、妹にはスケートでは負けるけど、容姿に関しては自分のほうが子供の頃からキレイでした(=モテた)と遠回しに言っているように受け取れます」(芸能ライター)

 うがった見方かもしれない。しかし、以前に舞自身が姉妹の関係について「めちゃくちゃ仲悪かった、全然しゃべらなかった」と話していたように、2人の間にかつて確執があったのは事実だ。

「コメント最後の“あはは”という意味深な笑いも気になりますが、この文脈からは、真央に対する強烈なコンプレックスがいまだ健在であることが読み取れます。最近ではラジオ番組で共演するなど、すっかり仲直りしたかのように見える二人ですが、実情は“ビジネス和解”といった可能性もあるのでは」(前出・芸能ライター)

 思わぬところで滲み出たかのように見える舞の本心。はたしてその真相やいかに。

(米沢のしろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

    Sponsored
    52075

    話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?旧友の「結婚しました!」という連絡を聞…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

    83505

    「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなり…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣の胸が辱められた!?「コード・ブルー」山下智久の問題シーン!
2
中居正広「ジャニーズ残留で幹部候補に浮上」で木村拓哉の不満が爆発寸前!
3
祭りを楽しむほしのあき&三浦皇成夫婦に「親子にしか見えない」総ツッコミ!
4
追悼・小林麻央 ブログに綴らなかった最期の自宅療養25日間(1)一時危篤で自宅療養を決意
5
あの球界エースまで!? 乃木坂46白石麻衣を好きなアスリートが続々発覚!