芸能

浅田舞、「私はきれい」発言に滲み出た妹・真央への消えない劣等感

20150702asada

 女性誌に掲載された、浅田舞の恋愛相談のある解答が物議を醸している。

 問題となっているのは6月23日に発売された雑誌「ViVi」8月号で掲載された「浅田舞のモテ理論」という恋愛相談のコーナー。そこで舞は、「モテると思ったことはありますか?」という質問に「んー、そういえばあんまり嫌な想いをしたことがないですね」と、昔から男性に傷つくようなことを言われたり、されたりした覚えがないことを明かしながら、続けてこう答えているのだ。

「小さい頃から姉妹でいると、私は『きれいだね』、真央は『ジャンプが上手だね』って声をかけていただくことが多かったです。あはは」

 一見、謙遜して答えをはぐらかしているかのようにも読めるこの解答。しかし読み解いていくと、舞がいまだに真央に対して劣等感を抱えていることがわかるというのだ。

「舞はなぜ、この質問の答えに本来必要のない真央を引き合いに出したのか。それは暗に、妹にはスケートでは負けるけど、容姿に関しては自分のほうが子供の頃からキレイでした(=モテた)と遠回しに言っているように受け取れます」(芸能ライター)

 うがった見方かもしれない。しかし、以前に舞自身が姉妹の関係について「めちゃくちゃ仲悪かった、全然しゃべらなかった」と話していたように、2人の間にかつて確執があったのは事実だ。

「コメント最後の“あはは”という意味深な笑いも気になりますが、この文脈からは、真央に対する強烈なコンプレックスがいまだ健在であることが読み取れます。最近ではラジオ番組で共演するなど、すっかり仲直りしたかのように見える二人ですが、実情は“ビジネス和解”といった可能性もあるのでは」(前出・芸能ライター)

 思わぬところで滲み出たかのように見える舞の本心。はたしてその真相やいかに。

(米沢のしろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコ、「私服姿公開⇒即削除」事件で囁かれる「芸能界引退」!
2
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
4
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
5
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”