芸能

浅田舞、「私はきれい」発言に滲み出た妹・真央への消えない劣等感

20150702asada

 女性誌に掲載された、浅田舞の恋愛相談のある解答が物議を醸している。

 問題となっているのは6月23日に発売された雑誌「ViVi」8月号で掲載された「浅田舞のモテ理論」という恋愛相談のコーナー。そこで舞は、「モテると思ったことはありますか?」という質問に「んー、そういえばあんまり嫌な想いをしたことがないですね」と、昔から男性に傷つくようなことを言われたり、されたりした覚えがないことを明かしながら、続けてこう答えているのだ。

「小さい頃から姉妹でいると、私は『きれいだね』、真央は『ジャンプが上手だね』って声をかけていただくことが多かったです。あはは」

 一見、謙遜して答えをはぐらかしているかのようにも読めるこの解答。しかし読み解いていくと、舞がいまだに真央に対して劣等感を抱えていることがわかるというのだ。

「舞はなぜ、この質問の答えに本来必要のない真央を引き合いに出したのか。それは暗に、妹にはスケートでは負けるけど、容姿に関しては自分のほうが子供の頃からキレイでした(=モテた)と遠回しに言っているように受け取れます」(芸能ライター)

 うがった見方かもしれない。しかし、以前に舞自身が姉妹の関係について「めちゃくちゃ仲悪かった、全然しゃべらなかった」と話していたように、2人の間にかつて確執があったのは事実だ。

「コメント最後の“あはは”という意味深な笑いも気になりますが、この文脈からは、真央に対する強烈なコンプレックスがいまだ健在であることが読み取れます。最近ではラジオ番組で共演するなど、すっかり仲直りしたかのように見える二人ですが、実情は“ビジネス和解”といった可能性もあるのでは」(前出・芸能ライター)

 思わぬところで滲み出たかのように見える舞の本心。はたしてその真相やいかに。

(米沢のしろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事!
2
乃木坂46白石麻衣の「倹約」告白にファンが再びザワつき始めた理由!
3
時の流れは残酷!? B’z・稲葉浩志のトーク顔が「完全にオバチャン」で騒然!
4
武井咲にあやかりたい「結婚待たされ」美女の“悩”プライバシー(3)井上真央に“神風”が吹いた
5
映画「銀魂」が37億円突破!「ジョジョ」は大爆死で格差が浮き彫りに