芸能

板野友美、ホラー映画主演でスタッフが震えあがる「恐怖の棒読み」

20150810itano

 元AKB48の板野友美が3年ぶりの本格映画出演として、ホラー映画「のぞきめ」に初主演することがわかり、スポーツ紙などを中心に大きく報道された。

「このミステリーがすごい!」など、年末ランキングの常連でもある人気作家、三津田信三が2012年に発表したホラー作品の映画化だが、配給先であるKADOKAWAのプロデューサーによれば、板野の抜擢理由は「目が恐怖の対象のモチーフの作品で、それに立ち向かいながら恐怖を表現できる目の持ち主」というわけだ。

 これにはネット住人たちから、「怖いのは目だけじゃない!」「『マジすか学園』でさえきつかったけど、スクリーンで観られるレベル?」と疑問を投げかけるコメントが殺到した。

「演技は正直いってお世辞にもうまいなんて言えないレベルですね。メディアの間では『恐怖の棒読み』と言われる類いの演技です。3年ぶりの本格映画出演ということですが、実は9月4日公開の映画『みんな!エスパーだよ!』にもカメオ出演。出演場面は2カ所あるのですが、ほんの数分の出演でも“恐怖の棒読み”はみごと炸裂。他の女性出演者が頑張っている映画なのに、彼女が出てきた場面は試写室の全員がドン引きでした。それから数カ月で芝居が上手くなるとは到底考えられませんね」(映画専門誌記者)

 AKB48卒業以降、ファッション界なのか、歌手なのか、ハタから見ても何がやりたいかわからず迷走しているようにしか見えない板野。同じ卒業組の篠田麻里子が出演した映画「リアル鬼ごっこ」も大コケに終わったが、誰も“のぞきに来ない”初主演にならなければよいのだが‥‥。

(藤田まさし)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「さんタク」正月放送決定でも2人を隔てる不穏な空気
2
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
3
戸田恵梨香の車で事故った成田凌にファンが「交際発覚」より失望した事実!
4
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
5
木村拓哉、映画の会見での場違いトークにネット民がざわつきまくり!