芸能

全日本「魅惑のバスト」ベスト50(1位~10位)“雑誌に載せれば売上UP”の新女王が戴冠!

20160105bust

 2015年での活躍をもとに2016年の飛躍が期待されるバストの持ち主は誰なのか? グラドルだけじゃなく、旬の女優も女子アナもアスリートも文化人もすべて縦断し、ひたすら「魅惑のバスト」という観点で「ベスト100」をランキング付けするというユニークな企画が、現在発売中の「アサ芸シークレットVol.37」で掲載されている。その中から抜粋してカウントダウンでお伝えしていこう。

○10位 柳瀬早紀(グラビア/152センチ B100・W65・H89)

 これぞまさしくディープインパクト! デビュー1年目に「やなパイ」の愛称も定着。最近では「乳神様」とも呼ばれているとか。片方2キロずつIカップは異次元サイズ。

○9位 山地まり(グラビア/158センチ B87・W60・H88)

 ファースト写真集のタイトルとおり、ありそうでなかった“男性未経験アピール”という戦略は、グラビア界の起爆剤となった。

○8位 鷲見玲奈(テレビ東京アナ/161センチ 推定88センチFカップ)

 豊満アナの宝庫・テレビ東京に、またまた強力なニューフェイスが誕生。競馬番組で見せる「童顔でメガネでヨコチチ強調」は最高の映像。

○7位 浅田舞(フィギュア/163センチ 推定87センチEカップ)

 復活をとげた浅田真央は、再び五輪への道を歩き出した。姉の浅田舞は豊満アスリートのジャンルならすでに金メダルは確定だ。

○6位 紗綾(グラビア/150センチ B85・W61・H88)

 グラビアシーンにおける“定点観測”とは紗綾のこと。伝説の「Fカップ小学生」から見守り続けて10年以上、俺たちの期待を裏切りません。

○5位 都丸紗也華(グラビア/157センチ B85・W60・H84)

 まさしく「グラビア界の超新星」となった。このビジュアルに色白のFカップが備われば、メディアが騒然となるのは必然。青春のきらめきにキュンキュンする男子多数。

○4位 脊山麻理子(キャスター/164センチ B84・W57・H84)

 日テレを退社して水着グラビアに挑んだ昨年は、まだほっそりとした印象。それから1年で驚くほど肉感的なボディに再成長。オンナとは、三十路を過ぎてこそ真価を発揮する。

○3位 天木じゅん(グラビア/148センチ B95・W57・H83)

 昔の言葉で言うならトランジスタグラマー、少し前ならミニモニグラマー。とにかく、こんなにあどけなくても破格のIカップは目のやり場に困る。第2ステージも順風満帆!

○2位 橋本マナミ(グラビア/168センチ B86・W60・H88)

 もはや「国民の愛人」と呼べるキャラを確立。ドラマにもフィールドを広げながら、妖艶な露出に一切の手ぬかりはない。撮られれば撮られるほどボディに磨きがかかる状態だ。

○1位 久松郁実(グラビア/165センチ B83・W59・H86)

 シンデレラがここに誕生! 雑誌メディアに久しくいなかった「彼女を載せれば売上げUP」が実現した。ファッション誌のモデルでありながら、男たちにも支持されるのは奇跡。

 さて、2016年にはどんな“乳スター”が現われるのか?

※このランキングは有名人を対象に、【1】バストサイズ【2】カップサイズ【3】人気・知名度【4】メディア露出度【5】衝撃度を総合してアサ芸シークレット編集部が独断で決定しています。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「断られ続けて今月もお見合いゼロ!」婚活失敗の原因はココロの余裕の無さが生む“負のスパイラル”?

    Sponsored
    61944

    お見合い、合コン、友達の紹介など、これまでにも“出会い”はたくさんあったけど、なかなか結婚にまでは至らなかった‥‥そんな人は意外に多い。また「仕事尽くめで恋愛なんてしている暇がなかった」とか、長く付き合った彼女がいたものの、「価値観の相違か…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    脂っこい食事を我慢するだけではダメ!気になる血中コレステロールに「リコピン」がいい理由

    Sponsored
    67267

    日本人間ドック学会によると、いまや3人に1人がコレステロールの指摘を受けると言われており、その割合は男性が40代から増えはじめ50代が最も多く、女性は50代でさらに増加する傾向にあるという。運動不足や食生活の変化で年々コレステロールを指摘さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    仕事終わりにとりあえずビール! 毎日飲み過ぎのあなたに

    Sponsored
    49459

    外回りの営業マンにとっては汗ダクダクの夏、こんな季節は仕事帰りのビールが最高ですよね。とはいえ飲み過ぎには要注意。翌日の重~い二日酔いで「仕事にならない‥‥」なんて経験、あなたにもあるのでは? そこで「二日酔いがひどい時の対応策」について、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成宮寛貴の薬物疑惑報道でディーン・フジオカファンが激怒するワケ
2
劇団ひとりの「嫌いな女優」言いふらし告白に「みみっちい」と大ブーイング
3
デヴィ夫人が知っていたASKAと飯島愛の関係
4
寺田心の食レポがあざとすぎる!井戸田潤のブチギレに視聴者から称賛の声
5
橋本環奈が双子の兄を公開して「妹より1000年に1人の逸材」と絶賛の嵐