芸能

小林麻央 海老蔵も許可?「VIP闘病」に古巣の日本テレビ「NEWS ZERO」が独占密着

20160707b

 小林麻央(33)が進行性乳ガンに冒され、1年8カ月にわたって闘病中であることを夫・市川海老蔵(38)が6月9日の会見で明らかにした。一刻も早い回復が待たれる中、その闘病生活に“古巣”のテレビクルーが独占密着しているという。

 人間ドックで、麻央の体にガンが見つかったのは昨年10月。以降は入退院を繰り返している。

「麻央さんが一時入院していたのはセキュリティも厳しく、室内にはバスタブなども完備されている“VIP部屋”で、1泊12万円ほどもする。6月13日に再入院した病院でも同クラスの個室にいると聞いています。すでに4000万円近くの治療費がかかっているそうですが、海老蔵はワラにもすがる心境で、『いい治療があったら転院もいとわない。何か知ってたら教えてくれ』と、親しい人に相談しています」(関係者)

 そんな「VIP闘病」を続ける麻央の病状について、海老蔵は先の会見で、

「深刻だという話でご理解いただきたい」

 こう答えるにとどめ、ガンの進行度は明かさなかった。そして、のちの過熱報道を牽制するように、

「静かに見守っていただきたい」

 と、マスコミ各社に配慮を求めた。さらに6月10日付のブログではこうつづっている。

〈マオの実家や周辺での取材、カメラでの盗撮?の様な行為はお控えください(中略)マオ本人の負担になるような撮影はやめてください〉

 海老蔵の切実な嘆願もあり、マスコミ全体に自粛ムードが漂っていたが‥‥。

「はっきり言って“マスコミ選別”ですよ。1社だけ特別扱いを受けているんですから」

 こう怨み節を漏らすのはスポーツ紙の海老蔵担当デスク。続けて、こんな衝撃情報を明かすのだ。

「実は、日本テレビの取材クルーだけが海老蔵と麻央さんに密着しているという話があるんです。当然、海老蔵の見舞いにも同行しているでしょうね」

 これを受け、日本テレビ関係者が裏事情を明かす。

「海老蔵一家に密着しているのは、かつて麻央さんが出演していたことでコネがある『NEWS ZERO』の特別取材班です。ドキュメンタリー番組を作るために、何年も前から密着取材を続けていますよ」

 この一大プロジェクトは、ライバル局への対抗心から生まれたという。

「フジテレビが中村屋に密着していて、一家を追ったドキュメンタリーは毎年、高視聴率をマーク。12年に中村勘三郎さんが亡くなった際の追悼番組では、映像素材の量で他局を圧倒していました。そこで日テレが着目したのが海老蔵ファミリー。現在3歳になる長男の勸玄くんが、成人して舞台に立つまで10年、20年という長い期間を見据えて取材を進めています」(前出・日テレ関係者)

 長期取材の成果は「市川海老蔵一家に密着」と題され、今年1月3日に日テレ系でオンエア。深夜の放送ながら9.2%の高視聴率を記録した。気になるのはその出演料だが、

「金銭のやり取りはないそうです。ただ、日テレは海老蔵が毎年開いている自主公演『ABKAI』を主催。興行を資金面とプロモーションの両面でバックアップしていて、それが密着取材の見返りと言われています。麻央さんの闘病と家族愛をテーマにした大型ドキュメンタリーは年末に放送される予定で、時間帯は深夜からゴールデン枠に格上げとなる見込みだそうです」(前出・日テレ関係者)

 家族の絆で病に打ち克つ姿を日本中に届けてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    他人ごとではない…冬に注意すべき「血管事故」対策は「血管年齢の若返り」!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    最大75%効率アップ!「まだスマホの充電が終わってない!」を防いでくれる急速充電器

    74187

    仕事や趣味で活躍するスマホやタブレット。重宝する半面、ヘビーユースする人にとって問題となるのがバッテリー問題ではないだろうか。満足に充電できず慌てて外出した際、電車内や取引先で電池残量がピンチになる不安は避けたいところ。そこで今回セレクトす…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が女子アナと真剣交際の裏で大事な“相棒”を乗り換えていた!?
2
「今夜くらべてみました」で日テレがSHELLYをリストラできない裏事情
3
ブレイク俳優の高橋一生が「an・an」で一糸まとわぬ姿を披露しファンが困惑
4
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
5
細川茂樹「事務所契約解除」のウラに意外すぎる「バッチバチ素顔」