芸能

脚本家がゴリ押し!?有村架純の朝ドラ抜擢に「新鮮さがない」とブーイングの嵐

20160630arimura

 6月29日、女優の有村架純が2017年4月スタートのNHK連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロインに決定したことが発表された。

 有村の朝ドラ出演は、2013年の「あまちゃん」以来。同ドラマのヒロインオーディションで能年玲奈に負けたものの、能年の母親役(小泉今日子)の少女時代に抜擢され、一気にブレイクした。だが、このニュースが報道されたとたん、ネット上ではブーイングが殺到。「どんどんヒロインに新鮮味がなくなってきてるが、そういう起用方針になってきたの?」「朝ドラ主人公はもうちょっと発掘感があったほうが」「CMとか色々出過ぎててちょっと食傷気味」「せっかく朝ドラ人気続いてんのに、ここで置きにいっちゃダメでしょー」など、朝ドラヒロインに求められる新鮮さがなくなっているという意見が多数を締めている。

「今回は恒例のオーディションなし。有村は1月クールのフジテレビ月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が終わった後にオファーを受け、OKしたそうです。人選については脚本の岡田惠和氏の熱烈オファーが実った形。岡田氏は、有村のデビュー時からのファンで、企画段階から有村推しでした。実在の人物なしのオリジナル作品で、17歳から28歳くらいまで有村が出ずっぱりとなる脚本です。『いつ恋』の低視聴率で意気消沈した有村にとっては救いの神といったところでしょう。岡田氏も『心がポキッとね』(フジテレビ系)、『ど根性ガエル』(日本テレビ系)で1ケタ台の視聴率を記録しただけに、売れっ子女優のパワーを借りてお互いの代表作にすると大ハッスルしています」(芸能記者)

 物語の舞台は高度経済成長期の茨城。出稼ぎで失踪した父親捜しのため、農家の娘が集団就職する波乱万丈のストーリーだ。昭和の時代を描くことから、有村の友人役は昭和顔の黒木華で決まり、かも!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコ、「私服姿公開⇒即削除」事件で囁かれる「芸能界引退」!
2
ラストアイドルの初ワンマンに「若いアイドルに見せるな!」との声が出るワケ
3
メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(1)羽生結弦をめぐる狂騒曲
4
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
5
小泉今日子「52歳の爛熟ボディ」に迫る!(1)酔うと潤んだ目でジッと見る