芸能

今年は物足りない!岡副麻希に「松崎しげる級の黒光り」を期待する声が殺到

20160809okazoe

 桐谷美玲似のビジュアルと天真爛漫な天然キャラがウケて、人気爆発中のフリーアナウンサーの岡副麻希。

 番組スタッフのいやらしい意図があるようにしか思えない演出にも全力で挑む岡副は、最近ではウォータースライダーに挑戦するロケで下半身に水着が食い込み、縦に一本の線がくっきり浮かんでしまうなど、女子アナらしからぬ過激ハプニングを起こしてしまう率も高めだ。

 7月28日に放送されたトークバラエティ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「旅芸人」の回にもゲスト出演したが、MCの雨上がり決死隊・宮迫博之が宮川大輔の部屋にはいろんなもので作られた男性のアレが飾ってあるという、嘘なのか本当なのかも不明かつ謎な話題になった際も、岡副は急に挙手して「それって国によって違うんですか?」と、さらに謎の質問をぶつけて共演者を困惑させたり、品川庄司・庄司智春の特技であるおケツでくるみ割りに勝手にチャレンジしたりとやりたい放題だった。

 たとえ見慣れてきても、一向に心理は読めない不思議ちゃんというだけあって、そのキャラに飽きるどころかファンは日に日に急増中。ところが一方で、今年の岡副には物足りなさを感じているという声も聞かれ始めている。

「『もっと日焼けしてほしい』というリクエストが多いようですね。確かに“黒すぎる女子アナ”として人気が爆発した昨年は、松崎しげる級の肌の黒光りっぷりを誇っていましたが、今年の夏は黒さが控えめ。3月に放送されたバラエティ番組『指原カイワイズ』(フジテレビ系)では、夏の黒く日焼けした岡副と、冬の日焼けしていない岡副のどちらが好きかアンケートをとっていましたが、ブラック岡副のほうが健康的でいいという理由で圧倒的に票を集めていました。そのためか、『黒い岡副ちゃんよ、カムバック!』『早く岡副ちゃんに夏休みを与えてくれ』『あの天然キャラは黒いほうが魅力が倍増する』など、岡副が一刻も早く真っ黒になるのを待ち望む人も多いようですね」(エンタメ誌記者)

 夏本番はまだまだこれから。黒光りする岡副アナの再来に期待したい。

(田村元希)

関連記事:テレビ&ラジオ「最新!生放送ハプニング」(2)人気キャスターの岡副麻希がウォータースライダーに挑戦したら… http://www.asagei.com/excerpt/62190

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体操 田中理恵 「カメラマン」に対抗した仰天措置 「恥骨テーピング」で激写封じしていた
2
上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!
3
「美女タレントを射止めた芸人」になり損ねた残念オトコたち
4
「私にくわえさせると薬物に火を点け…」清水良太郎を通報した女性が告白
5
香取慎吾「仮装大賞」降板危機を救う萩本欽一の爆弾発言!