スポーツ

落合博満が「裏金・ダメ選手&首脳陣」をぶっちゃけた!(2)スキャンダルを消したから…

 このぶっちゃけ発言に、会場はざわつく。何しろ、球団から「裏金交渉」を提案されたことを暗にほのめかす内容だったからだ。

「GMに就任してからは、最高標準額の1億円を守ったよ。他の球団のことは知らないよ。でも、オレの実家は煎餅屋、小商人の家庭で育ったから、身の丈に合った予算でチーム編成をしたかった」

 落合氏はさらにこう続けたのだが、中日以外の球団では1億円以上を積むことがあったかのような言いっぷりに、会場は再びざわついたのである。

「オレ流」危険球は監督時代の人事問題へと移行。

「昨季まで一軍作戦兼守備コーチを務めていた辻発彦が西武の監督になったけど、オレは監督就任1年目のキャンプ初日にコーチを集めて、『12球団どこからも声のかかる指導者になってほしい』と言った。ところが、『名古屋だけでメシは食っていけるから、わざわざヨソに世話になる必要はない』と言うヤツがいた。ここでは名前は出しませんが、向上心がないのは指導者としては失格。チームのためにならないので、すぐに辞めてもらいました」

 球団関係者が言う。

「それは球団が用意したOBコーチの鈴木孝政ですよ。最初はヘッド格の投手チーフコーチだったのが、やがて二軍投手コーチに落とされた。で、わずか1年でクビになっています。先発予定投手など、チームの内部情報をマスコミに漏らしたことが逆鱗に触れた、とも言われます。『落合の暴走を止められるのはオレだけ』などと大言壮語したことも原因だとか」

 代わりに参謀として投手コーチから昇格したのが、現在の森繁和監督(62)だった。落合氏の説明によれば、

「評論家をやっている時に根本(陸夫)さんがオレにこう言ったんです。『おいオチ、西武にいた森って知ってるか。お前みたいなヤツが森を使ったらおもしろいチームができるぞ』と。今シーズンは森と辻の日本シリーズ対決をぜひ見たいよね。森はヘタは打ちませんよ」

 谷繁元信前監督(46)の下でもヘッドコーチを務めた森監督について、中日新聞関係者が明かす。

「そもそも谷繁政権下でコーチに就くことには消極的でした。でも落合氏が『お前に悪いようにはしないから』と森監督に頭を下げた。GM時代、落合氏は社会人や大学の試合をたびたび視察しましたが、裏で手はずを整えていたのが森監督でした。監督時代の落合氏に女性スキャンダルが持ち上がり、写真週刊誌が決定的な現場を押さえた時も、森監督が火消しに回っています。だから落合氏は森監督に全幅の信頼を寄せているんですよ」

 ここでいったんトークショーは終了し、プレゼント抽選会が行われる。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
2
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情
3
戸田恵梨香、伝説の「黒歴史ダンス」が土屋太鳳に蒸し返された!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!