芸能

川口春奈がインスタ開設も「ネタは大丈夫か?」の声が続出

 川口春奈が4月7日、自身の公式ブログを更新。同日、公式インスタグラムをオープンしたことを報告した。最初の投稿は「インスタ始めました!気ままにゆるくアップしていこうかなと。良かったらフォローしてね」と明るく宣言。さっそくオーストラリアで撮影した4冊目の写真集「re:start」のオフショットを掲載し、「兎にも角にも見てほしい一冊になっとります、宜しく」とアピールしたのだった。

「最初の投稿が最新写真集のオフショットということから考えて、売れ行きがはかばかしくないのを補う宣伝の意味で立ち上げられたのでしょう。川口は雑誌『ニコラ』のモデル出身だけあって、ビジュアルはバッチリキマっているし、普段はノーメイクなので、すっぴん写真も『カワイイ』と絶賛されています」

 4月10日現在、投稿4件と少ないにもかかわらず、フォロワー数は69万7000人にものぼり、右肩上がりを続けている。

 インスタで公開されるのは、食事や友人、趣味、仕事などの写真だ。だが、川口は自他ともに認める人見知りで、好き嫌いの激しい気分屋だという。2月14日放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)では、東京に友人がいないことを明かしたほど。友人と呼べるのは、モデル仲間の立石晴香、同県人の仲里依紗、お笑いコンビ・全力じじぃの前すすむだけだとか。

「元々、お笑い好きで、前とはドラマ共演で仲良くなりました。ところが、共演者がたくさんいたにもかかわらず、現場でしゃべったのは前だけというぼっち状態が続いた。自分からコンタクトを取るのは前のみだといいますから、前とのツーショットが出るようだとネタ枯れ気配濃厚です。しばらくは、ハマっているというひとりラーメン、焼肉、カラオケの証拠写真などでお茶を濁すことになるのでは」(スポーツ紙記者)

“低視聴率女王”の異名を取ったこともある川口。インスタのフォロワー数まで激減ということにならなければいいが。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
2
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
4
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”
5
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?