政治

金正恩「大国を手玉に取る」天才外交術!(1)実は「胆力のある指導者」だった?

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(33)による“ミサイル外交”は、8月14日にグアム沖へのミサイル発射を示唆したかと思えば、26日には日本海に向けて、またもや3発を威嚇発射。「米韓合同軍事演習」で力を誇示する超大国・アメリカのトランプ大統領(71)をあざ笑うかのように先手を打ち、翻弄し続けている。そのしたたかな戦略に、「天才」の評価が浮上しているのだ。

 北朝鮮問題に詳しい、ジャーナリストの惠谷治氏が語る。

「本来、北朝鮮が出す金正恩氏の声明は、国内向けに権力を誇示する意味合いが強かった。ところが今年に入って、ミサイル技術の急激な進歩により、外交面で揺さぶりをかけられるだけの発言力の“根拠”にもなっている。挑発的な一連の発言についても金正恩はそのことをよくわかっています」

 これまで北朝鮮といえば、危機をあおって譲歩を引き出す「瀬戸際外交」で、大国相手に交渉を続けてきた。だが、11年末に金正日総書記が亡くなり、弱冠27歳だった金正恩氏が政権トップに就くと、強硬な外交姿勢にシフト。日本はもとより、韓国や友好国である中国からの“忠告”も無視し、中朝国境を事実上閉鎖される一方、アメリカの軍事的な恫喝に対してもファイティングポーズを崩そうとしないのだ。

 北朝鮮事情に詳しい作家の北一策氏は「金正恩氏が持つ生来の“気質”が強みだ」と解説する。

「金正日氏が生前に語っていたのは、『次期指導者は、何より胆力がなければならない』ということだった。胆力とは、『何も恐れずに戦争を起こせる』という意味で、大国に一歩も引かない正恩氏にはそれがあるということ。また正恩氏は、かつてスイスに留学した際に西欧の“民主主義”を学び、意見対立の激しい民族性を持つ朝鮮人にとっては“強権発動”こそが唯一の人民をまとめる手段である、と悟った。彼はみずからの冷静な判断のもと、米国に屈することのない“独裁暴君”でい続けているのです」

 つまり、「経験不足の暴君」ではなく、「胆力のある独裁者」こそが、金正恩氏の“正体”だというのだ。

 さらに見逃せないのは、金正恩体制を支える側近の存在だ。龍谷大学社会学部の李相哲教授によれば、

「北朝鮮の外交現場で働く実務者はここ30~40年、顔ぶれがほとんど変わっていません。これは、金正恩氏が外交ラインを粛清していないため。トランプ大統領の発言や中国の動向なども、その真意は何かということが彼らには手に取るようにわかる。大国に対して先手を打つような外交ができるのです。外交素人のトランプ氏や韓国の文在寅大統領などに比べて、北朝鮮が最もうまく立ち回れているのはこのためです」

 むしろ外交素人は米中の大国側だと、北朝鮮はほくそ笑んでいるに違いない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    2017アサ芸プラス人気記事ベスト5⇒1「マッチ『愚か』な発言」に圧勝の後輩

    95590

    徳間書店が運営するニュースサイト「アサ芸プラス」。先の人気記事第10位⇒第6位に引き続き、2017年の人気記事トップ5を公開します!5位:近藤真彦、国分太一にまくし立てた「パワハラ結婚論」に大ブーメラン!国分太一がMCを務める情報番組「ビビ…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
2
人気モデル・宮本彩菜、人気ラッパーとの超過激「ベッド動画」漏洩の大波紋!
3
逆にグッジョブ! 乃木坂46生田絵梨花「格付けチェック」誤答連発に絶賛の声
4
キムタク赤っ恥!断トツ爆死「さんタク」が明石家さんまの黒歴史になる!
5
ここでエキサイト? フジ秋元優里、“不貞愛”舞台の竹林が「観光名所化」危機