芸能

斉藤由貴は「時代だって由貴に染まる。」!美神たちの愛すべきキャッチフレーズ

「時代だって、由貴に染まる。」のキャッチフレーズで85年にデビュー(84年に芸能界入り)した斉藤由貴。32年の時を経て、いま、ワイドショーが染まっているのは何とも皮肉な話(とはいえ24年ぶり3度目ですが)。

 85年といえば、「まだ誰のものでもありません」のキャッチフレーズでデビューした井森美幸は未だ特に浮いた噂もなく、初志貫徹している模様。

 実に味わい深い、昭和アイドルのキャッチフレーズ。いざ、プレイバック!

●薬師丸ひろ子「ひろ子という字 何度ノートに書いたっけ」(78年デビュー)

角川映画のヒロインとしてデビューし「お父さん、怖いよ」「カ・イ・カ・ン」等が流行語に。

●酒井法子「おキャンなレディ」(87年デビュー)

いまやすっかり死語となった「おキャン」とは、「若い女性が活発で、軽はずみなこと」。あえて説明するまでもないが、その後「軽はずみ」では済まされない事態に。

●高橋由美子「20世紀最後の正統派アイドル」(89年デビュー)

デビューした89年は、未曾有の「アイドル氷河期」。おニャン子クラブが解散し、モーニング娘。の登場を待つ谷間の期間に、並々ならぬ期待を込めて送り出されたが、賞味期限を明示してしまったからか、99年をもって歌手活動を辞めるハメに。

●南野陽子「純だね、陽子」(85年デビュー)

当時、さんざん言われた「ワガママ報道」も一部、本人が認めている。「誰のおかげで飯が食えてると思ってんの!」と怒鳴られた当時のマネージャーも「まだ子供で純粋なんだ」と怒りを収めていたのだろうか。

●大沢逸美「ジャームス・ディーンみたいな女の子」(83年デビュー)

170センチの長身に短髪。80年代はユニセックスなイメージを売りにするタレントが多かった。彼女の場合、このキャッチフレーズよりも、ラジオで連呼された「大沢、イッツミー」のFM的語感にイラっとしたものだ。

●ほしのあき「ロリエロ隊長」(01年デビュー)

遅咲きのグラドルとして、このフレーズと共に一躍、頂点に。その後、突然1歳年をとったり、空気清浄機を1080円で落札したとブログに書いたりしたが、今では大けがを乗り越えた天才騎手・三浦皇成を支える良き妻だ。

●市川由衣「由衣緒正しきアイドル」(01年デビュー)

21世紀のフレーズにしては正統派すぎる感もあるが、「由緒正しき」の間に「衣」を挿入しているのがミソ。言葉遊びに走りすぎたためか、まったく浸透しなかった。

 最近では、小倉優香の「リアル峰不二子」、浅川梨奈の「1000年に一度の童顔巨乳」など、ほしの以降は、グラビアのキャッチコピーをそのまま本人のキャッチフレーズにするパターンが主流。橋本環奈の「1000年に1人の逸材」も他者の評ではあるし、やはり味わいは薄い。

 解釈を他者に委ねないキャッチフレーズを携えて世に出た昭和アイドル。数十年後に刺さるブーメランへの期待も込めて、復活を望みたい文化である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
2
有森也実「99.9」ゲスト登場に視聴者が「これ誰?」と一斉にキョトン!
3
櫻井翔キャスター、平昌入りで現地日本選手団スタッフに最警戒されるワケ
4
嵐・大野智、関ジャニ村上とは違う意味で原宿女子に評価された「お笑い力」
5
競馬界 新3大「遺恨対立」の叩き合い攻防!(1)蛯名正義×M・デムーロ