事件

Xデー間近…麻原彰晃はこうして処刑される(2)元刑務官が語る“執行方法”

 ではその時、麻原はどのようにして絞首刑台に吊るされることになるのか。死刑執行に携わった経験を持つ元刑務官の証言。

「かつては前日に執行の事実が伝えられていたが、それを聞いた死刑囚が直後に自ら命を絶ってしまった事件を機に、現在は当日まで本人に伝えられることはない。数人の屈強な刑務官が独房の前にやって来るのは朝の8時。刑務官は『外へ出ろ』と命じるだけだが、この瞬間に死刑囚は全てを察知することになる。多くの場合、恐怖のあまりブルブルと震え出して大小便を漏らしたり、『死にたくない』『助けてくれ』と絶叫して命ごいしたりと、静かだった独房は一瞬にして阿鼻叫喚の地獄と化します」

 ならば、詐病疑惑がささやかれる麻原死刑囚の場合はどうか。何人もの死刑囚を見送ったことのある元教誨師(死刑に立ち会う僧侶、牧師、神父など)はこう明かすのだ。

「精神病を装っていたある死刑囚は死刑執行を告げられるや、真顔をひきつらせながら『そうですか』と言って素に戻った。詐病だったんだね。ただ、落ち着いていたのは一瞬だけで、すぐにワケのわからないことをわめきながら、独房の奥に飛びのいて暴れだした。以後はまさに地獄絵。死刑囚は刑務官4人がかりで独房の外へ引っ張り出されると、ウーウーといううめき声を漏らしながら、薄暗い廊下をズルズルと引きずられていったよ」

 麻原死刑囚も含め、その後、死刑囚はエレベーターに乗せられ、刑場のあるフロアで降ろされる。向かう先は「教誨室」と呼ばれる応接室で、死刑囚が最後の祈りを行う「前室」を経て、死刑が行われる「執行室」へと続いている。この元教誨師が続ける。

「死刑囚は教誨室で拘置所の所長から死刑執行を正式に伝えられ、簡単な遺書や遺言を残すわずかな時間を与えられる。その後、前室で仏式、キリスト教式、無宗教式など希望に応じた祈りをささげたあと、最後のタバコと菓子を勧められるが、暴れたり自失状態になっている死刑囚については、この間の儀式が省略されることもある。実際、そういう死刑囚はかなりいたね」

 そうして、今生の別れとなる絞首刑が執行される。死刑囚は前室で白装束に着替えさせられ、頭全体を覆う目隠し用の袋をかぶせられる。再び前出・元刑務官の証言。

「その後、ただちに執行室に運ばれ、断末魔の苦しみで暴れないよう、両手と両足を縛られたうえで首に縄をかけられ、執行ボタンが押される。この間、わずか十数秒。足元の踏み板が外されると、死刑囚は自然落下していく。吊るされている時間は15分から30分。口や目や肛門などから内容物が流れ出し、中には痙攣しながらダラダラと射精したり、落ちる瞬間に叫び声を上げたために舌をかみ切り、口から大量の血を噴き出して絶命する者もいます」

 その後、立ち会いの医師による検死によって死亡確認が行われ、独房を出てから都合2時間にわたる罪の償いは完了するのだ。

 独房の奇行教祖にも、迫り来る「その時」がやって来る‥‥。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」