芸能

なぜそんな言葉を?セカオワFukase、唐突「物騒ワード」投稿に心配の声!

 ただただ、メンタルが心配!?

 SEKAI NO OWARIのFukaseが11月14日にインスタグラムを更新。短文ながら強烈なインパクトを与える投稿をして、物議を醸している。

 Fukaseはその前日である13日の投稿で〈正直、インスタは苦手だ だから今までもほとんどスタッフにやってもらってた〉とインスタグラムが苦手であるため、ほとんどスタッフがインスタグラムを更新してくれていたことを告白。そのため、Fukaseの投稿には本文がなく、写真のみが公開される投稿が多かった。

 しかし、バンドメンバーのSaoriの夫で俳優の池田大から〈深瀬くんの言葉を待ってる人は沢山いるとおもうよ〉と説得されたようで、《「そ、、そうかなぁ、、言葉かぁ。それならまぁ、、」というのがきっかけで、自分でインスタを始めてみることにしたのでした》と、これからは自分の言葉でインスタグラムを更新していくことを宣言。

 そのため、ファンもFukaseの次の投稿を楽しみにしていたが、その翌日に更新された投稿の本文に書かれていた言葉は〈ぶっ殺すぞ〉という物騒な言葉だった。

 待ち望んだ投稿が唐突すぎる物騒な言葉で、何の説明もなかったこともあり、「Fukaseさん、大丈夫ですか?」「セカオワは好きだけど、この言葉は好きじゃないな」「一体、何があったの?」とファンからは心配の声が上がっている。

 また、ネット上では「いやいや、ガキかよ」「この人、情緒不安定なの?」「まだ中二病こじらせてたか」などといった声が上がっている。

「Fukaseは次の投稿では《頑張ってると、無理してる、の境界線ていつも難しい。》という意味深な投稿をしていることもあり、精神面が不安定なのかもしれませんが、すでにネットニュースで拡散されるなど、ネガティブイメージが広まってしまっています。ただ、Fukaseは過去の交際相手であるきゃりーぱみゅぱみゅと破局した際にはTwitterで破局を意味する暗号ツイートをしていたりと、パフォーマンス面を含めやっていることが中二病じみているという見方も世間にはあるため、こういった言葉が飛び出すことに妙に納得している人も多いようです」(エンタメ誌ライター)

 大みそかの「NHK紅白歌合戦」の出場も決まっているだけに、それまでに心身ともに調整してきてほしいところだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ