芸能

酒場で!自宅で!路上で!アサ芸タレコミ110番(2)小泉今日子は居酒屋で恋愛論を熱弁

 芸能人といえど、酒の席ではポロッとホンネがこぼれてしまうもの。だが、このベテラン女優の泥酔暴言はなかなかすさまじい。

「有名役者もお忍びでよく来る、とあるバーで飲んでいたところ、広田レオナ(55)が来たんです。前の店でしこたま飲んできたようで、入店時にはすでに泥酔状態でした」(舞台関係者)

 実は店内には、常連の先輩役者に連れられた人気俳優の長谷川博己(41)もいた。

「聞けば広田も常連で、店に来る時はいつも酔っ払っているとか(笑)。先輩役者の方と広田は面識があるようで、初対面の長谷川が気を遣い『長谷川です。よろしくお願いします』と挨拶したんです。すると広田は『あんた、ちっともイケメンじゃないし、主役を張る顔じゃないわよね』と言い放ったんです」(舞台関係者)

 映画「シン・ゴジラ」(東宝)やドラマ「小さな巨人」(TBS系)をヒットさせ、20年のNHK大河主演が決定している長谷川である。さすがに、この言いぐさには面食らったようだ。

「長谷川は神妙な顔をして、苦笑でその場を流すくらいしかできなかったようです。むしろ連れの先輩役者が広田の態度に激怒していましたよ」(舞台関係者)

 同じ大物女優の目撃談でも、終始にこやかだったのは小泉今日子(52)だ。ただし、会話の内容は不穏当だったようで‥‥。

「中目黒のバーで、友人らしき数人組で飲んでるところに出くわしました。笑い声も絶えず、機嫌よく会話していたんですが、不意に話の内容が恋愛論になったんです」(居合わせた客)

 小泉といえば今年2月、妻子ある俳優の豊原功補(53)との「不倫愛」を公表している。

「『大人の恋愛に形はないのよ』『何を言われようが、お互いが責任感を持って恋愛している』と豊原との関係について熱弁していました」(居合わせた客)

 小泉のヒット曲で例えるならば、「あなたに会えてよかった」「見逃してくれよ!」といった趣か。

 お忍びデートとおぼしき酒席の目撃情報が寄せられたのは、三十路を超えてもバラエティー番組で生き残る、人気グラドルの磯山さやか(35)である。

「渋谷の繁華街から少し離れた隠れ家的なお寿司屋さんに、男性と2人連れで来ていました。聞こえてきた話では相手は大学生だとかで、見た目は確かに20歳になるかならないかという感じでした」(目撃女性)

 親戚の息子などといった関係でなければ、ずいぶんと“若いツバメ”である。

「食事をしながら、磯山さんは男性にプレゼントを渡していました。高級シルバーブランドのネックレスでしたね。もちろん、会計も磯山さんが払っていました」(目撃女性)

 芸能界において酒とは切っても切り離せないのが、打ち上げである。10月に行われたNHK大河ドラマ「西郷どん」のクランクアップ打ち上げには、原作者の林真理子氏(64)も登場。

「さすがは大物作家、1本5万円以上するようなドンペリを持ってきて、共演者やスタッフの方についで回っていました。そのあと、余興でスタッフがDA PUMPのUSAダンスを踊ったり、出演女優の黒木華(28)がスタッフをビンタしたりして会場は大盛り上がり。林さんご自身もおいしそうにドンペリを飲み干していました」(NHK関係者)

 視聴率的には不振だったが、原作者がご満悦ならば何も言うことナシである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」