芸能

百恵と淳子、百恵は芸能界に“就職”した

「トクさん、すごい子が出てきた! 14歳にしては不思議な色気があるんだ」

 徳光は「スタ誕」のディレクター・金谷勲夫から鼻息荒く言われたものの、残念ながら百恵のデビュー曲「としごろ」を見る限りでは首をひねった。その若さでロングスカートをはき、歌声にもさほど魅力を感じなかった。

 そんな百恵は、2曲目の「青い果実」から変貌を遂げる。スカートの丈は短くなり、歌詞にも危険な匂いを秘めた“青い性典シリーズ”が当たった。とたんに、周囲から注目されていたことを感じた。「情報番組をやっていたので、50代や60代の日本のリーダーたちと話をするんです。そうした人たちが、デビュー間もない百恵ちゃんのことをよく知っている。なるほど、最初は脚の太い女の子という印象だったのが、唇や体型など魅惑的に映るんだなと思えた」

 初期の性典シリーズや、決してアイドル路線ではなかった「赤いシリーズ」など、ギリギリの“境界線”を歩きながらも、来たチャンスは確実に生かしてゆく。そこからステップアップして、宇崎竜童&阿木燿子のような存在と結びつく。

「自分で設計図を書ける最初にして最後のアイドルだったでしょうね」

 徳光は百恵のデビュー間もないころ、番組のレポーターとして横須賀の実家を訪ねたことを思い出した。事実上の母子家庭であり、母親が病弱ということもあって決して裕福ではない環境にあった。

「彼女は本当に歌手になりたかったのか‥‥。おそらく、てっとり早く収入を得るために、歌手という世界への“就職”だったんだと思う」

 百恵は中学3年で歌手デビューし、ホリプロから初めての給料をもらう。月に5万円という金額だったが、ここから半分が下宿代、さらに定期代や衣装代、譜面代などが引かれ、実質は赤字であったという。デビュー間もなくは母親からもらうわずかなお小遣いが支えであった。

 百恵は目に見えてのガムシャラではなかったが、徳光が言うように「チャンスは逃さず」に、家族のためにも収入を飛躍させることとなる。

 徳光は「中3トリオ」が「高3トリオ」になり、卒業を記念した赤坂・豊川稲荷の植樹に同行している。今も3人の記念樹は境内に残されているが、百恵に「何をお祈りしたの?」と聞いた答えは以下のものだった。

「素敵なボーイフレンドができますように」

 早熟に見える百恵の高校3年時としてはあどけない答えだが、後に夫となる三浦友和を「初恋」と呼んでいる。そして、その絆は今も薄れていない。決してアイドル的な受け答えでなかったことがわかる。

 やがて2人は79年10月に恋人宣言をし、80年11月に華燭の典を挙げ、百恵は芸能界から“寿退社”をする。徳光は披露宴のサブ司会を務めているが、その前にどうしても謝っておきたいことがあった─。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」