芸能

あのマユが懐かしい!? 西野七瀬、「高校時代はギャル」告白に共演もビックリ

 やはり本人にも自覚があったようだ。

 元乃木坂46の西野七瀬がレギュラーを務めるトーク番組「グータンヌーボ2」(関西テレビ)の7月23日放送回でのこと。穏やかで口数が少ない現在からは想像できない高校時代について明かして、共演者たちを驚かせた。同回で西野はモデルの伊藤ニーナと、ミュージシャンの関取花とガールズトークを展開。その中で「どんな高校生だった? 上京してくる前」と、乃木坂加入前についての質問を受けていたが、これに対して西野は「見た目はちょっとギャルでした」と返答。

 当時について、西野は「ギャルがちょっと流行ってたっていうか時代的に」と前置きしたうえで「マユ毛がすごく細くて、カラコンもしてたし、肌も今よりは黒いっていうか、もっと髪色も明るくて、長くて」と、とにかくギャル要素強めの見た目であったことを明かしている。

 性格については現在と変わらず物静かな性格だったと強調していたものの、西野がギャルだったということについては、すでに半年以上もの間、番組でともにMCを務める田中みな実や長谷川京子らも「意外だわ。ずっとこの感じかと思ってた」と、とても驚いた様子見せていた。

「西野は、高校時代はダンス部に所属し、2年生の時に乃木坂入りしました。乃木坂のドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方』でもオーディション時の映像が見られますが、西野自身も自覚していたように、見た目はギャルで、とにかくマユ毛が細いんです。グループ加入後は徐々にマユ毛の形やメイクが変化していき、現在のような“守ってあげたい感”満載の清純派美女にシフトしていきました。乃木坂加入後は、とにかくおとなしいイメージが強いですから、乃木坂加入前を知らない人にすれば、ギャルだったと言われてもその時代の西野が想像できないのは無理もないでしょう」(アイドル誌ライター)

 ちなみにファンの間ではギャル時代と現在では、どちらがタイプかで意見が分かれるほど、ギャル時代の西野も好評だ。これから先、芸能活動を続けていくうえで壁にぶつかった時にはギャルメイクに戻すといった方法を取ってみるのも一つの手かもしれない?

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」