スポーツ

長嶋茂雄、「脚に自信ナシ」デーブ大久保を安心させた「プラス思考」激励!

 読売ジャイアンツの終身名誉監督であり、ミスタージャイアンツ・チョーさん等の愛称で親しまれている長嶋茂雄氏。長嶋氏と言えば、選手としての名声もさることながら、日本語と英語が不自然に混じった「失敗は成功のマザー」といった“ミスターイングリッシュ”も有名だ。

 またおっちょこちょいというか思い込みが激しいというか、練習のバッティングでイメージ通りに振れたことから試合を忘れて風呂に入るといった爆笑エピソードも数多く知られている。

 そんなミスターとの思いでを、元プロ野球選手の大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉の、6月6日投稿回〈【長嶋監督との爆笑裏話】デーブ大久保YouTubeはじめました!〉で語っている。

 1992年途中に西武ライオンズから読売ジャイアンツに移籍した大久保氏。翌年から長嶋政権がスタートし、「スピード&チャージ」が当時のスローガンに掲げられたが、大久保氏は足に自信がなく「オレ終わったな…」と落胆したという。

 しかし、大久保氏を「ぶーちゃんぶーちゃん」と可愛がっていた長嶋氏は「ぶーちゃんはぶーちゃんでな、お前の全力でやればいいんだ。それがスピード&チャージだ、安心しろ。盗塁を求めてんじゃないんだぞ」と励まし安心させてくれたと大久保氏は振り返った。

 また、長嶋氏のバッティングにあこがれていた大久保氏は、バッティングの指導を受けようと一度長嶋氏の元に訪れたが、長嶋氏はバットを数回振り、「どうだ、ぶーちゃん、オレのスイングはいいだろう、お疲れさん」と指導することなく終わったと笑いを交えて語り、引退後に起ち上げた社名〈デーブカンパニー〉は長嶋監督が名付け親だったといった意外な事実も明かしたのだった。

 長嶋ネタは尽きないようで、「まだまだある」と語る大久保氏。オモシロエピソードももちろんだが、先の大久保氏を励ました〈スピード&チャージ〉のくだりは興味深い。プラス思考で何事も前向きに捉えるところが長嶋氏の真骨頂であり、魅力の1つでもあるのだろう。そうしたエピソードの公開にも期待したいところだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)