事件

怒髪天ワイド 東京電力 史上最低の独占企業をシバく!(5)デタラメなリストラ策を提示

 こうした東電の姿勢に対し、細野豪志原発事故収束担当相(40)も怒りをあらわにしている。いわく、
「電気料金負担は国民負担そのものであり、それで問題を解決するのはいちばん安易な方法だ。東電は役員の給与も、我々も目ん玉が飛び出るような高給だったわけだ。そういったことも含めて、もっとリストラできる部分もあるし、電気料金を上げずにやれる方法があることも模索する」
 先のヒアリングで、政府は東電に対し、賠償金確保のために「会社がスリムになる経営計画を出せ」とも命じている。すなわち、リストラ策だ。
 東電の資産査定や経営見直しを進める政府の第三者委員会は、東電グループの社員約5万3000人のうち、7400人の削減を指示する報告書を作成。しかも、9月12日に政府が設立した原子力損害賠償支援機構による出資の必要性に言及し、東電が実質的な公的管理下に置かれる可能性にも触れている。
 ところがこの「国有化」案に対し、東電の勝俣恒久会長(71)は、
「大丈夫。秘策がある」
 と、ふてぶてしい言葉を漏らしたという。
 実は東電はその意図を、ヒアリングの席ですでに示唆していたのである。
「向こう1年間で5000億円分(の経費に当たる人員)を切ります」
 東電が説明したリストラ策である。ところがこれを聞いた政府サイドは即座に
「その場しのぎの数字だ。バカにしている」と断じたという。その理由を、先の財務省幹部が説明する。
「年間売り上げ5兆円から燃料費や人件費など、あらゆる経費を差し引いた純利益が4000億円。東電は、このカネを賠償に充てれば10年間で4兆円になる、と主張した」
 第三者委員会は、東電が負担する賠償金総額は4兆5400億円と見積もっている。ちなみに4000億円は、社員に給与を支払ったあとの額であり、会社に傷はつかない。経産省関係者があとを引き取る。
「しかし政府としては、純利益を上回る額のリストラなどできるはずがない、と断定し、『5000億円なんて無理だろう』と却下した。すると東電はこう言ったんです。『下からやりますよ。ウチももちろん努力しますが、ウチには膨大な下請けがありますから』と。東電本体、つまり東電の社員はできるだけ守り、関電工などの関連会社、子会社を切り捨てるということですよ。さすがに『これはひどい話だ』となりました」
 東電はあれだけの大惨事を引き起こしながら、あくまで自分たちには傷がつかぬよう、ぬくぬくと生き残ることだけを考え、インチキな人員削減でやり過ごそうとしているのである。
 なお、第三者委員会の試算によれば、今後10 年間で2兆4120億円の経費節減が可能だという。すなわち、年間2412億円。東電の5000億円はやはり、デタラメな取り繕いの数字だったと言わざるをえない。
 事故直後は平身低頭だった東電幹部は、原子力損害賠償法の成立以降、
「水を得た魚のごとく、いや、それを通り越して尊大な態度を取り始めた」(政治ジャーナリスト)
 そして、ぬけぬけとこう放言しているという。
「それでも足りなきゃ、税金でやりゃいいんだよ」
 国民をナメ切った東電の真の姿。こんな連中は、絶対に許してはならない。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」