芸能

広瀬アリス「すずの姉扱い」から大女優へ(2)「芝居と真剣に向き合え!」

 今や人気女優のアリスだが、芸能界デビューは06年、小学校6年生の頃に地元・静岡の祭りでスカウトされてだった。09年に女性ファッション雑誌「Seventeen」のオーディションでグランプリを獲得してからは、専属モデルとしてターゲットの女性層から人気を博している。

 一方で、20歳前後の頃は仕事に対する熱量が足りず、同じ事務所の先輩に注意されたこともあったという。芸能プロ関係者が明かす。

「妹のすずばかりが目立ち、アリスはまだ無名の女優でした。モデル上がりの常か、芝居で役に入り込んでいく様子も見られなかった。見かねた事務所の先輩、勝地涼が『芝居に対して真剣に向き合うべきだ』と熱く叱責したほどなんです」

 勝地の説教が後押しとなったのか、15年にドラマ「釣りバカ日誌~新入社員浜崎伝助~」(テレビ東京系)でヒロインを演じて高い評価を得た。峯田氏も絶賛する。

「彼女はどちらかというと、それまでは2番手ではなく3~4番手の役が多かった。女優として注目されるようになったのは、浜ちゃんの妻役を演じた同作品からですね。いい奥さんというよりは、少し抜けていて、いい意味でガサツな性格。これがアリスにはハマッていました。健気で清純なヒロイン像で固定されがちな妹・すずよりも、コメディー感のある役はアリスに合っていた」

 姉妹でイメージが被らないようにしているのは、事務所の戦略でもあるようだ。芸能評論家の三杉武氏が解説する。

「2人は同じ事務所に所属し、姉妹で棲み分けをしています。妹は清純派女優として『海街diary』(東宝/ギャガ)やNHK朝ドラ『なつぞら』など主役級で出演し、爽やかなイメージを保ったままCMオファーを増やしました。一方、アリスは女優としてセクシーなものからコメディエンヌまでこなし、特に枠を設けていない。バラエティー番組出演も積極的で、『アナザースカイII』(日テレ系)で今田耕司とともに器用にMCを務めるなど、マルチな活躍を狙っています」

 結果、女優として実力を蓄えていくのと並行して、徐々に彼女の魅力が認知されていく。

 番組で共演する今田は、アリスの行動に驚いたことがある。1月2日放送の「新春大売り出し!さんまのまんま」(フジ系)で、

「スタジオから出て楽屋に帰るまでにワンピースの中のピンマイク取ろうとするヤツ、初めて見ました。楽屋の前でもう脱ぐ勢いですよ(笑)」

 と、飾らないアリスの姿を苦笑しながら暴露する場面もあった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」