芸能

広瀬アリス「23歳の深突き絶頂」公開(終)質問攻めで天海祐希のまね

 撮影現場で大物ウケがいいのも、広瀬アリスの処世術だった。

「『トップナイフ』(日本テレビ系)で天海祐希と共演した時、女性キャストが少ないということもあって、アリスから積極的に話しかけて次のシーンの演じ方を相談していました。本番シーンが終わるとアドリブ合戦が始まることも多かったのですが、天海がボケるとアリスがものおじせずにガンガンツッコんでくるので、『今どきっぽい子』と天海がうれしそうにスタッフに話していましたね」(ドラマ関係者)

 大物女優の懐にスルリと入り込むと、クランクアップする頃には弟子入りする勢いで「急接近」していたという。

「天海は脳外科の女帝役で完璧さが求められ、実際に手術を見学して手の動きを学んだり、覚えにくい医療用語は一言一句書き写し、そのシーンの撮影が終わったら紙を破り捨てていました。そんな大変な状況でも、座長として共演者やスタッフに気を配る姿勢にアリスがリスペクト。ふだんのファッションや食事、食べに行く店など、何でも天海のまねをしようと質問攻めにしていたのです」(ドラマ関係者)

 一方、バラエティー番組でも活躍するアリスは、芸能評論家の三杉武氏が「オープンな性格で、芸人との相性がいい」と評すように、19年4月から「アナザースカイII」(日テレ系)の新女性MCに就任。するとたちまち、10年以上男性MCを務める今田耕司のお気に入りに。

「たまにゲストにトンチンカンな質問をすることもありますが、アリスの大口を開けて笑う『ガハハッ』笑いが親しみやすくて話しやすい空気になったり、ノリやツッコミが抜群で、これまでの女性MCの中でいちばんやりやすいとか。ただ、御飯に誘うとさりげなくかわすのもうまいそうです」(芸能プロ関係者)

 今やCMにも引っ張りだこのマルチな活躍に、妹の広瀬すずの嫉妬の声が聞こえてきそうだが、2人は姉妹仲がいいことでも知られている。

「かつてアリスにインタビュー取材をした時、休憩中にすずの同世代のライバル女優について『意外とああ見えて遊んでいますよ~』と冗談交じりに教えてくれたんです。すずが活躍するための援護射撃だったのか、とにかく妹への思いが強い。17年の元日にすずが俳優との交際を報じられた時も、全否定して相当怒っていたそうです」(ワイドショースタッフ)

 アリスは来年1月から大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジ系)でヒロインを務めることが決定。もはや「隠れ視聴率女王」の「隠れ」の部分が不要になるほど、大活躍する日が近そうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ