スポーツ

白鵬・ライブ相撲マンガ、大阪・ミナミのクラブで「四股名」が決まった!?

 大相撲七月場所が迫ってきた。名古屋・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で、7月4日(日)~18日(日)の開催である。白鵬にとっては、進退をかける運命の場所。相撲ファンのみならず、注目を集めることは間違いない。第69代横綱となって14年。幕内優勝44回を数える大横綱は、「七月場所は45回目の優勝を目標に頑張りたいと思います」と静かに決意を語るのみ。「進むのか、退くのか、はたまた止まるのか」。片時も目が離せない七月場所が初日を迎える。

 さて、「週刊アサヒ芸能」で、絶好調連載驀進中の「白鵬本紀」は、第9番。2001年3月。新弟子検査に合格したダヴァ(白鵬)は、いよいよ力士としての苦難の道を歩み始める。初稽古の日、立ちはだかったのは兄弟子、荒若。体重185kgの巨漢力士だ。

「モンゴルちゃん、カモーン!」「ホラァ、ぼくちゃん、どうした」「押すんだよ!」と、いいようにあしらわれ、白鵬によれば、「押そうが引こうがピクリとも動かない巨漢の兄弟子の前でこりゃあエライ所に来たなと本当に思いました」とのことである。

 そのダヴァの思いとは裏腹に、「ダヴァの四股名を考えてやらないと…」と宮城野親方。三月大阪場所の夜。舞台は宗右衛門町のとあるクラブ。今、明かされる四股名の驚きの由来とは…。ライブ相撲マンガ「白鵬本紀」第9番「白鵬誕生」は、6月29日発売の「週刊アサヒ芸能」7月8日号に掲載。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」