エンタメ

テリー伊藤 対談 おかもと まり(1) 最近は似てたり似てなかったり

連載727 天才テリー伊藤対談「オフレコ厳禁」
広末涼子のモノマネでバラエティに引っ張りだこのおかもとまりが登場! 女芸人らしからぬキュートさでも人気の彼女だが、実は男性経験に乏しいことを告白する。それでも今年になって恋愛に積極的になってきたというおかもとを、天才テリーは「どんどんいけ!」と後押し!

ゲスト おかもと まり(おかもと・まり)
1989年生まれ、群馬県出身。地方でのタレント活動を経て、08年よりお笑い芸人としての活動を開始。広末涼子をはじめ、鳥居みゆき、スザンヌなどのモノマネで一躍ブレイクを果たした。アサ芸の兄弟誌・月刊「ENTAME」にて「おかもとまりのムチャ修行!」が好評連載中。

テリー まりちゃんがブレイクしたのは、広末さんの モノマネがきっかけ?
おかもと そうですね。「細かすぎて(伝わらないモノマネ選手権)」で広末涼子さんのネタをやってから、徐々に仕事が増えました。
テリー どうして広末をやろうと思ったの?
おかもと 私、「細かすぎて―」のオーディションには鳥居みゆきさんと松野明美さんとスザンヌさんのネタで受けて全部落ちちゃって、もうやるものがないと思った時に‥‥。
テリー 松野のネタ、おもしろいじゃない。
おかもと ありがとうございます。それで事務所の先輩に相談したら、「タカさんは広末さんを好きだから、やればいいのに」って言われて、YouTubeで見て、広末さんはけっこう表情に角度があるなとか研究してできるようになって、それ1つだけで受けたら合格したんですよ。
テリー ちょっとやってみてよ。
おかもと じゃあ「記者会見で、記者の声が聞こえなかった時にする広末涼子さんの横顔」‥‥このネタだけだったんです。
テリー ハハハ、ウケただろう。
おかもと はい。みんな爆笑して、「えっ、何で?」と思って。それで受かったのがホントに不思議で、収録はしたんですけど、オンエアでは絶対に載らないだろうなと思って、告知もしなかったんですよ。それで、オンエア後にブログを見たら、凄いコメント数になってて。
テリー やってたら顔はどんどん似てくる?
おかもと 最近は似てたり、似てなかったり(笑)。だから、バラエティ番組の台本で「広末さんが登場」って書いてあると、どうしようって思っちゃって。
テリー でも、おかもとまりといえば広末涼子って、みんな思ってるよな。
おかもと はい。最近は世間が思ってるのが自分の色だから、頑張ってやらなくちゃいけないと思って。
テリー 広末バージョンはいくつぐらいあるの?
おかもと あとは、「おいしそうに味噌汁を飲む広末涼子さん」とか。これは最近グルメレポートとか行かせていただくことが多くなったので、ちょっと使えるようになってきました。「広末さん、今のはどうですかね」って振ってもらって。
テリー そうか。じゃあ誰かいるといいんだね。
おかもと そうですね。でも、私のモノマネで困っちゃう人もいるので。何てツッコんだらいいかわからないって(笑)。
テリー 新しいモノマネはどうやって考えるの?
おかもと 基本的に好きな人をやってるんで、できない時は全然できなかったりするんですけど、松野明美さんに代わるモノマネがもう1つできたらいいなと思って、今考えてます。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
2
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
3
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
4
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!
5
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?