スポーツ

ズタボロ巨人・原辰徳監督が「補強、トレードを早くしろ!」大号令で「澤村拓一と田中将大が欲しい」だって

 先制して追いつかれ、リードしてまた同点に…。投手交代が裏目に出て中継ぎが軒並み打ち込まれる、なんとも大味な試合展開。9-8でどうにか逃げ切ったものの、5月17日のヤクルト戦(静岡・草薙球場)は、巨人にとって不甲斐ない試合だったといえよう。試合後の順位は相変わらず、セ・リーグ5位。「振り向けば最下位・中日」の状況に変わりはない。

 原辰徳監督はチームの立て直しを図るため、昨年は「育成」に力を入れる時期があったが、負けが込み始めた途端に「補強人材を集めろ!」とちゃぶ台返し。フロント陣を困惑させていた。今年はどうなのかと周囲は見守っていたのだが、

「開幕から波に乗り切れない状況に、イライラを募らせる一方。またしても水面下で『補強、トレードを早くしろ!』と号令がかかり、フロントが慌てふためいています」(球団関係者)

 序盤は坂本勇人、丸佳浩の大不振がクローズアップされたが、ようやく底を脱した感がある。次に訪れたのは、中継ぎ投手陣の炎上劇。毎試合のように、継投を審判に告げた後にマウンドにやってくる原監督の心中が穏やかでないことは、容易に想像できる。

「原監督がトレードで欲しがっているのはロッテ・澤村拓一、広島・磯村嘉孝、楽天・田中将大など。一刻も早く、バッテリー強化をしたいのです」(前出・球団関係者)

 澤村をめぐっては2020年、巨人がロッテにトレード放出した経緯があるが、それをまた戻したいとは…。

 トレード期限は7月末。球界の盟主の面目を保つ「サプライズ劇」は実現するのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」