芸能

「侮辱だから」オズワルド伊藤も指摘した「M-1」地方漫才師「特別賞」追加のブーイング

 6月27日に行われた漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2023」(1回戦=8月1日~10月4日、決勝大会=12月予定)の開催記者会見で「ルール改訂」が発表され、お笑いファンの間で物議を醸している。

 新たに改訂されたルールは「シード権」「1回戦ネタ時間」「特別賞の追加」の3つで、問題となっているのは「特別賞の追加」。

 特別賞ではナイスアマチュア賞、ベストアマチュア賞に加え、キッズ漫才師、地方漫才師などを表彰する賞を新設するとしているのだが、地方を区別することに異論が噴出しているのだ。

 会見に出席したオズワルドの伊藤俊介などは笑いながら、

「地方漫才師に対する侮辱だから。お前らはストレートで来ないだろって…。ぬまんづ(静岡県沼津市住みます芸人)が本気で狙ったらどうするんですか」

 と指摘していたが、ネット上でも「地方漫才師が東京や大阪では戦えないとでも言いたいのか」「大阪も地方じゃんw」などとブーイングが飛び交っている。お笑いライターが語る。

「そもそも、どの地域を『地方』として線引きするのかも疑問。より多くの人にお笑いを楽しんでもらうためにルールをブラッシュアップするのはいいのですが、『漫才の本場は大阪』と決めつけられた印象を受けたお笑いファンも少なくなかったのでは」

 先頃、漫才協会の会長に就任した「ナイツ」の塙宣之は、2020年に上梓した書籍「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」の中で、M-1の異質な特徴を指摘している。近年は極端な「関西有利」は見られなくなってきたが、地方漫才師専用の賞を創設するあたり、まだまだ大阪漫才が本場という意識が強いのかもしれない。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白