エンタメ

4年ぶり「隅田川花火大会」開催…掛け声は「たまや~」ではなく「かぎや~」が元祖だった

 夏の風物詩といえば、花火。打ち上がった瞬間、花火業者の屋号「玉屋」から「たまや~!」という掛け声を今もよく耳にする。ところが元祖は「かぎや~!」であり、「鍵屋」の技術こそ、今も受け継がれている…と知っている人はどれだけいるだろうか。

 女優でお江戸系ユーチューバーの堀口茉純が、自身のYouTubeチャンネル〈ほーりーとお江戸、いいね!〉で、江戸時代の花火事情を解説している。

「玉屋と鍵屋は江戸に実在した花火屋の屋号です。歴史が古いのは鍵屋。鍵屋が6代目になった時に登場したのが玉屋です。隅田川の花火は両国橋を挟んで上流を玉屋が、下流を鍵屋が受け持つことになるんですが、人気は玉屋の方が上だったようで、『橋の上 玉や玉やの声ばかり なぜに鍵やと いわぬ情なし』なんて歌も残っています。ただ、玉屋は火事を出してしまったので、全財産没収の上、江戸追放になり、わずか一代で廃業になってしまったんですね」

 この狂歌は玉屋への愛情を示したもので、「情」に「錠」をかけた詠み手の洒落を含んでいると言われている。歳時記に詳しいライターが言う。

「判官贔屓好きの日本人らしい名残と言えるかもしれません。ちなみに、東京・江戸川区の老舗花火業者『宗家花火鍵屋』の当主は15代目・天野安喜子さん。新型コロナウイルスの影響から4年ぶりに、7月29日の『隅田川花火大会』開催が決まっています。天野さんは『待ち望んでいた皆さんに、質の高い花火をお見せしたい』と意気込みを口にしています」

 ぜひ「かぎや~!」と声を発してみては。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え